• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 受験 オーディション対策の最近のブログ記事

IZUMIの豆知識 受験 オーディション対策の最近のブログ記事

速報!日芸演劇学科演技コースの推薦、合格しました!秘訣を教えちゃいます♪

日本大学演劇学科演技コース、1番乗りで合格happy01 
来年一般で受験する仲間もいるなか、早々合格 sign03

72683.jpg
やった~2019年度、新一年生!合格です!
日芸の受験生、毎年の連続合格。今年は演技コース!
推薦で合格したのは、Sチャンに続き2人目のR君!

彼から、合格の秘訣?
何故、受かったのか、自分なりに分析してもらいました。
今後の受験への、少しでも、お役に立てれば...

みんなぁ~R君に続け~~notes


~僕が思う合格できた理由??~  


全体の試験を通じて、人と違うことをするようにはしました。

これは、レッスンでIZUMI先生に、よくアドヴァイスされていたことなので、結構すんなり出来ました。


 例えば、演技試験の際には、10分間の練習時間があり周りの人の演技練習を観ることができました

殆どの人が声を張った感情的な朗読をしていたので、僕はナレーションベースのゆったりとした朗読をしました。

 踊りの際には、すばやいステップを踏む人がいなかったので、そういったステップを踏んだり、表情を豊かにしたりしました。  

他には、近くの人と話したことが大きかったと思います。 
これも、先生に言われていたことですが、周囲の人と話すことで、かなり、リラックスできました。 


 また、体幹を鍛える、踊る、本・映画・舞台などを観る等して様々な経験や知識があるというだけでも自信になると思います。
東京でのレッスンは回数こそ少なかったけど、その分、集中して出来たし、本当に、東京まで通って良かったと思いました。

 また、何が役に立つかは分からないので、学校の勉強もしっかりした方が良いと思いました。

IZUMI先生、スタジオの皆さん、本当にありがとうございました。
東京に行きます。
引き続き、よろしくお願いします<m(__)m>

バンザイ.gif

受験対策年末年始ワークショップ
今からでも遅くない!!

詳細は⇒コチラ


日芸入試試験とやってきた演技レッスンの必要性 受験対策の効果はあるのか?

日本大学演劇学科演技コース受験で感じた、演技レッスンの必要性は?

59063.jpg
九州から、学校の休みのたびに、上京して演技レッスンを1年間受けてきたR君!
とても、緊張屋さんで、オシャベリも苦手なシャイな青年でした。
そのR君も、再会するたびに、少しずつ、まとっている空気感が明るくなってきて、話しやすいムードに...

彼にとって、数回の演技レッスンは、数回の体幹やダンスレッスンが受験とどう結びつくのか?
音を感じて身体表現や、セリフのレッスンを受けてきたR君のレポート

演技未経験の皆さん、ご参考に...



~演技レッスンで得られたこと~R君


 実際に、受験して感じたこと・・・

演技試験に関しては、訳の分からない台詞やエチュードテーマがきても、〈五感を開く〉というを意識することは、重要だと思いました。

何を見て、何を聴いて、何を感じているのかを意識することで台詞表現はかなり変わってくると思います。

エチュードも同様に、五感の意識、そこには誰が何人いるのかを意識してから行うと堂々と出来ると思います。


 踊り・歌の受験で感じたこと

まず「やってきた数だけ」ということが言えます。

(当たり前ですが)次に、体幹です。

これは演技試験に通ずることですが、体幹がないとフニャフニャした動きになってしまいます。

 踊りに関しては、一定のリズムで行うのではなく、リズムを変えながらした方が良いと思いました。今回の推薦入試では音楽はかからなかったので、どれだけ自分から変化していけるかが重要だと思いました。

 歌は・・・僕はかなり苦労しています。言えることは、自分の感情移入しやすいものを選ぶことです。これも五感の意識と関係して、何を感じているのかを意識することで感情豊かになると思います。その歌でエチュードが出来るくらいになっておくと心強いです。


 全てにおいて共通して言えることは〈五感を開く〉ことです。

イヅミックでは、そこを徹底的に教えてくれました!

目的意識があると無いとでは大違いです。本番は緊張します。自信なくします。

だからこそ、目的意識をもっておけば表現力向上だけでなく、精神的安定を得ることにも繋がるのでとても重要です。

なので、僕はスタジオで、数回でしたが、レッスンを受けたことは、とても役に立っています。
それが、僕の様に、地方からきて、時々でも、受けておいた方が良いと思いました。


~ありがとう~

R君の様に、地方の受験生は演技レッスンの機会も少ないですね
でも、1回でも受けることで、R君の様に精神的に安定してくれたら、嬉しいです

年末年始ワークショップで、受験生とお会いできるの楽しみにしてますheart04

 2018 12/31~1/3 年末年始ワークショップ


日芸・推薦入試の実技内容の全て 受験生からの報告・アドヴァイス・演技ワークショップ

日本大学芸術学部演劇学科演技コース受験・ 推薦入試を受けてきました 
レッスンの必要性を再確認しました


日芸のAO入試、推薦入試と年内にある試験が終わりました。早速最新試験情報を受験生が報告してくれました
来年からの受験生は参考にしてくださいね
S__25919507.jpg
R君は、九州の受験生です。
東京には、休みを利用して受験対策の演技ワークショップを受けてきました
残念ながら、AOは本来の力を発揮できず緊張しちゃったみたいでしたsweat01

R君のAO試験の詳細は⇒コチラ

今回は、推薦入試、前回よりは落ち着いてできたようです。
受験生同士が見られるので、ダンスや歌は、出来る限りレッスンしたほうが良いとR君は感じたらしいです。

やはり、演技、ダンスなど未経験者の方は、人前で表現すること、そのものの経験が無いと、緊張につながり、力を発揮しずらいと思います。

日々の稽古は、あなたを 裏切りませんねheart04

年末年始演技・受験対策ワークショップ⇒詳細はコチラ




~R君の推薦入試のリポート~

推薦入試。演技コースの受験者数は47人
 8:30 会場に到着
      宛名カードを記入
9:00  担当の方から挨拶があり、面接表を30分で記入
面接表は、面接の際に使われるもので〈名前・住所・電話番号・影響を受けた舞台や映画、文学、ラジオ・趣味・特技、資格の有無・志望動機・将来の展望〉を記入する

演技コースは、中ホールへと移動して、藤崎先生から挨拶とユーモアを交えながらの注意がありました。

注意の内容⇒
試験内容を試験が終わって学校を出るまで言わないこと。
面接の時間は人によって変わるので、それで合否が決まる訳ではないというものでした。 

試験の仕方
受験生は、1グループ8人ずつ、計6グループに分かれます。

僕は2グループでした。このグループで試験をローテーションするので、面接から始まるグループもありました。ちなみに僕のグループは演技から試験がありました。  
演技の試験の前に1時間近く時間が空きましたが、IZUMI先生に言われていたように、隣の人と色々な話をしました。
少し緊張がほぐれましたhappy01 


~演技の試験~朗読とエチュード~

台詞(朗読)

セリフは事前に渡され稽古が出来ます。
作:川村毅「春独丸」より抜粋でした。ニュアンスは「私は昼夜の区別のない世界に住んでいる。海や風に揺れる草花、五月の新緑など美しい風景を描きたい。だが、私はそれらを言葉でしか知らず、変わりに見えるものは他人の感情ばかりである。」といったものでした。

その台詞を渡された後10分間、台詞の確認やストレッチを行える時間が与えられますが、学生同士の教えあいは不可。

みんなそれぞれにストレッチや確認を行っていました。
それが終わると紙は回収され、実際試験受けるときに再度渡されます

試験官の先生は2人、試験は一人で受けます。


エチュード
試験直前に内容は言われて、一人で受けます。

内容は「恋愛を室内にあるボールを使って表現しなさい」

僕はボールは1個だと思って部屋に入ると、ボールは3個ありました。
赤・白・黄色でした。焦りました。ですが、自分の考えた設定を変えないように出来たのでまずまずだったと思います。

審査員の方も失笑してくださいました。無反応よりましだと思い切り替えました。 

 面接

40分くらい待機時間がありました。
番号順に部屋に入り、藤崎先生とお話しました。

僕のときには志望理由や将来展望は聞かれず、宮崎の話がほとんどでした。

それとエチュードで何をしたかを聞かれました。とても和やかな雰囲気で進みました。おそらく、書類に書いたことに関しては、よほど興味のある内容でない限り聞かれないと思います。


お昼ご飯

 13時くらいに東棟3階に戻ってお昼ご飯を食べました。
IZUMI先生にも言われていたので、隣の人と色々しゃべりました。
緊張がほぐれて良かったです。


音感・リズム感~カラダを見られる~

始めに舞台上に広がり各自ストレッチ

次に身体の使い方を見るためのものとして、音楽がかかった状態でグループ全員で舞台上を自由に走る

音楽は歌詞はなく、徐々にアップテンポになってまた下がって、上がっての繰り返しでした。

その後は番号順に並び、
先ず⇒ 舞台を斜めに走る
次⇒  走ってきて、コース中央でジャンプしてから走り出す
次⇒  身体を大きく見せて、次は小さく見せて走る

これを、全て、2回行いました。 

踊り

お題は、好きな動物を1つ思い浮かべ、それを構成する要素を身体表現で表現することでした。

グループの人もみんな見ています。時間は1分間で審査員の方がタイマーで計っていたので、興味があるから長くさせる、ないから短くといったことはありませんでした。

僕はカマキリを表現しました。そしてみんな踊り終わった後に1人ずつ何をテーマにしたか審査員に聞かれました。ちなみにグループ内の人は僕以外みんな哺乳類か爬虫類でした。 


 歌

番号順に1人ずつ1分間歌う。うまい人が多いなと感じました。

ディズニーが多かったです。

 まとめ

試験監督は先生、学生両方優しく、フレンドリーだった 
待ち時間は周りの人と話した方がリラックスできて良い 
昼ご飯は緊張であまり食べられないから、ゼリー系の食べ物がお薦め 

試験内容の中で〈踊り〉〈歌〉はグループ内の人のものを見れる・見られるので、上手く出来れば自信になり、そうでなければかなり落ち込むと思うので、やれるだけ練習した方が良い と思いました。


応援チア.gif




日芸・演技受験対策の初日体験で体幹の重要性を確認 役者としての姿勢

日本大学演劇学科演技コース受験実技試験
多摩美、桐朋、玉川、桜美林、
セリフや歌の他にも、身体を見る試験があります。

ダンスを踊る試験 
歩いたり走ったりを見ることで、基本動作を見る試験

試験内容に違いはあっても、見られているのは、姿勢、立っているときの雰囲気ですeye

猫背や、肩が上がっていたりとか、マズいですよねsweat01
表現者として、スッとした感じとでもいうのでしょうか?

今年の受験生も、体幹クラスに出ることで、改めて、自分の姿勢に気が付くことが多かったようです。


~クラス前後での柔軟性の比較写真~

石田りく.jpg


明らかにレベルアップheart04

本人も、身体が軽くなった、と実感できました
何より、自分のからだと 向き合う時間が新鮮な発見につながったようです



【本人からのコメンント】

本日はありがとうございました。
自分の姿勢がいかに悪かったか痛感したので、たくさんトレーニングしてカッコよくなれるよう頑張ります。


今からでも遅くない
演技対策、受験対策のレッスン、お申し込みはお早めに~~


66350.jpg

日本大学芸術学部演劇学科AO入試の詳細を受験者が語る~女子編

AO入試の内容、今年は新聞だったよ~


60720.jpg
Mちゃんは、日芸の受験対策で出会った、元気な女の子です。
AO入試の実技対策のワークショップを受講できなかったので、Mちゃんは、演技クラスを数回受けてくれました。

セリフの経験がなかったMちゃん、経験が無い分、とても素直に演技をする印象でした。
 
唯一の私からのアドヴァイスは、【受験生同士で、お話をして、緊張を和らぐこと】でした。
それも実行できたようです。


~彼女のAO体験談はコチラ~



演劇学科の待合室(小論文の試験会場でもある)に入ってすぐは、皆静かに前を向いて緊張している様子でした 

が... 私が近くの3、4人に挨拶すると皆とてもフレンドリーにお喋りしてくれて私の緊張もほぐれました。  

小論文・・・

テーマは「あなたが考える理想の情報入手方法」でした。

少し違うことを書いてしまったかもしれません

作文のようになりましたが、自分の考えや伝えたいことはしっかり書くことができホッとしました!


グループワークは・・・

今日(9月16日)の新聞両面1枚渡されて、そこから10分間の演劇を創り上げていくものでした。

ワークショップは、無我夢中にひたすら考え、ひたすら発言しました。

私のグループは自分の意思や意見を強く主張する人が多くなかなか意見がまとまりませんでした。

私はサポート役に回り出た意見を簡単な言葉で言い換えまとめてグループみんなに再確認をしました

自分の意見も、皆の主張が飛び交う中に伝えることができました。

ですが...意見が飛び交い過ぎて  通し練習ができませんでした(T_T)

お昼、イヅミックのR君ともう1人女の子とお昼を食べリラックスできましたが、やはり体は緊張していたのかお弁当完食できませんでした。



プレゼンテーションは・・・

個室で、先生2人を前にして、緊張して間が空いてしまいました。

ですが、フォロワーシップを大切にリーダーをサポートしたことで自分が感じたことを精一杯伝えました。

情熱は伝わったと、信じたいです。

待ち時間、周りの子と仲良くなれたことでガチガチの緊張ではなく、ドキドキの良い緊張の中、全力を出し切りました。


応援チア.gif


日本大学芸術学部演劇学科AO入試の詳細を受験者が語る~男子編

2019年度日芸受験 AO入試の全てはコレだ 
受験してきたよ~去年と全く違ってた!



 やばぁ~~い、去年と違うじゃんsweat01
144173.jpg
九州男児のR君
受験対策で、学校が長い休みに、東京まで来て、ワークショップを受けてます
そのR君、AO1次通過し、試験受けてきました。
エントリーシートを通過しなければ、受験が出来ないという、難関を通過し、いよいよ実技!




~その体験談を本人が語ります~


今回のAO一次試験は小論文からスタートしました。

テーマは「あなたが考える理想の情報入手方法」でした。

びっくり仰天しました。

ただ、全員そうなったと思います。(そうあってほしいです)

僕は普通に小論文を書きました。演劇や日藝に絡めること無く書きました。どうなるか分かりません。


グループワークについて・・・

例年とは異なり、演技コースのみで課題に臨みました。
そのために、現場の勢いは、すさまじいものでした.

ウォーミングアップを20分。
10人ずつのグループに分かれて、ワークは50分行いました。
去年より短かったです。
試験官は、4人ほどで、たまに、近くを通る程度でした。

は雰囲気に飲まれてしまい、あまり発言出来ませんでした。そのことで、かなりへこみました。

せっかく、イヅミックのMさんに会えたにも関わらず、やつれたまま接してしましました。
なんて男だ! Mさん、ごめんなさい・・・sweat01



 最後のプレゼンテーションは個人で行いました。

時間は3分でした。

僕は自分がした、役割・チームとしての反省・個人としての反省を述べました。
その際に、自分がほとんど発信できなかったことも正直に言いました。

受験としての手応えは無かったものの、日芸が重要視する

【受信と送信】の関係

というものはよく分かりました。

受信とはただ人の話を聞くだけでなく、自分の意見を伝えた上で真の意味があるということが分かりました。

それが分かっただけでも良い経験になりました。

これを糧にまた頑張ろうと思います。

応援相撲.gif



日芸受験、AO入試に臨む覚悟!準備!初レッスンの受験対策を終えて

AO入試直前!受験対策・初レッスン・発見と決意

60871.jpg
【AO対策をしたいので、個人レッスン出来ますか?】

Mチャンから申し込みがあったのは、AO一次通過が決まって直後でした。
試験まで2週間程度しかありません。

受験生の多くが、申し込みでは【個人レッスン】のみを希望されますが、たいていの方が、お話をして、演技クラスも受講しています。

演技クラスでも、十分に、受験対策のレッスンは学べます。
クラスだからこそ、学べる事が多いのが事実です。

特にAO入試の場合、グループワークは集団での審査ですので、集団でしか学べないこともあります。


Mチャンも、初めての演技クラス参加して、多く気づき、学びがあったようですので、クラスの感想を書いてもらいました。

ご一読ください



~初めての演技クラスで受験対策~

昨日はお疲れ様でした! 

初レッスンは、とても得るものが多く気づかされることがたくさんありました。 

緊張して猫をかぶってしまいあまり自分の良さを出すことができなかったです。 

間違っていないかな不安だなという気持ちはどんな人にもあるけれど、それを打ち壊して場を和ませどんなことも楽しめる人こそが芸能人。

そんな人になりたい!なるんだ!と誓いました。 

一緒にレッスンを受けた仲間からもたくさん刺激を受け、絶対合格するぞ!と奮い立たされました。

 ありがとうございました。



 仲間との掛け合い 真剣なまなざしeye

60725.jpg

クラス最後はこの笑顔happy01

60768.jpg


受験対策・演技ワークショップ 受験生日記➂ 演技って、やってみると楽しくて難しい。

 演劇系大学の受験・演技ワークショップ 

コミュニケーション能力・人間力の重要性

59161.jpg



このワークショップでは、演技未経験者・高校2年生も参加してくれました。

そのため、受験への覚悟も決まっていなかったり、進路を迷っている生徒もいました。

その生徒さんが、高校3年生や、日芸の1年生、大人の方とも混じってレッスン出来たことは良かったな~と感じました。

座談会を開催して、進路について、深く考えるキッカケ作りもしました。

大学選びは、その後の人生に大きく影響します。

学科の点数との兼ね合い、家庭の事情、ご父兄の考え
そして、自分の夢...

沢山迷ってほしいです。
そして出した答えなら、後悔はないと言えるまで、考えて進路を決めてください。

最終日のレッスンは、一番の辛い問題を出しました。


 【貴女が、今後、一緒に仲間として演技をしたい人を選ぶ】


チップレッスンをすることで、自分のこと、仲間の中での自分の立ち位置等、考えるようになった生徒たち。

最終日は、一番つらい問題を出しましたが、きっと、受け止め方も学んでくれたと信じています。

点数に出来ないことを学ぶのは、本当に難しいですが、そこを除外視して、役者を語れないと思います。

大学は、人生の通過点です。その先の方が長いです。

ワークショップで出会えた仲間や、自分のこと、何かを感じてくれたら、幸いです




スタジオの生徒としても、周囲に気を使い、一回り大きくなった2人
59170.jpg

 演劇大好きな元気女子のニコちゃんが、クラス参加のレポートをしてくれます。

ご参考にどうぞ~happy01

 

 ~にこ日記・ワークショップ最終日~

にこ.jpg

とうとうワークショップ最終日を迎えてしまいました、、、涙


本日も演技と身体表現の授業を受けました!

初めに体幹のトレーニングをしました!


クラス前後の身体の変化

S__42762250.jpg



最終日のため、いつもよりより集中しよう!と思い、そのおかげか3日感の中で一番床に吸い付く感覚を体験できたのですが、

先生の指示をきちんと聞こうと思ったのですが、聞けていませんでした。


正確に聞こえてるつもりが、自分のことに集中しすぎて、周りのことが聞けていないということでした。

そんな瞬間が何回もあって、

59166.jpg


演技のクラスで、場所が書いてある紙と言葉の紙を引いてポーズをきめてセリフを言う、
というレッスンの時、きちんと止まれていていなかったり、、、。

 

そう思うと、「よく聞く」「よく見る」「しっかり感じる」をさらに「上機嫌に」

というのはわかってるつもりでも、とても難しいです(汗)

ですが、この三日間で私はたしかに気づけた事が沢山あったと思います!

地方からきた受験生の方とお話ししたり、たくさんの方とコミュニケーションをし、自分にないものを持ってる方々とお話しができて、本当に為になるワークショップでした!!!

 

またこのようなワークショップがあれば是非参加したいです!

3日間お疲れ様でした!そしてありがとうございました!!!

 

38738.jpg

 

 

 

 

 



演技ワークショップでコミュニケーションを学ぶ 男子・ご父兄の体験コメント

コミュニケーションを取るのが苦手な男子
演技レッスンで日常まで変化した
面接・AO対策を通じて実感した人間力

3日間のワークショップで感じたこと。
受験生の男女を比べると、女子の方が、コミュニケーションを取るのが上手でした。
男子は、人数が少ない時点で、肩身が狭いかもしれませんが、受験当日に、女子パワーに飲まれないで欲しいですね

今回参加の男子2人は、初日から、一番表情が変わったと思います。

R君は、とにかく、寡黙です。
でも寡黙なりの自己表現はあります。
ワークショップが終わりご父兄からは彼の変化に驚きの感想も頂きました。

併せて、ご紹介したいと思います



59022.jpg

~~~緊張型・好青年、R君~~
59063.jpg

ワークショップを受けての感想

 今回のワークショップでは、チップレッスンを行って自分に足りないものを確認する事をしましたが、協調・リーダーシップが足りないことが分かりました。

前の自分はこの結果を悲観視していましたが、先生から「小さな幸せ」を感じとれるよう努力する事を教えてもらいました。

ということで、この結果を成長するための糧にしていこうと思いました。

 体幹のクラスでは、自分の体幹が弱い事、そして体幹が弱いと舞台でも存在感が出ない事が分かりました。

 演技のクラスでは、自分をニュートラルの状態にして、表現する事を学びました。

そして、表現する上では目の前のものにとらわれるずに、その先まで考えていくことが大切だと思いました。

 今回は日藝の先輩方も来て下さり、受験に対する自分の覚悟の甘さを実感出来ました。このような機会はそうあることではないので、とても良かったです。

そして、毎日「小さな幸せ」を感じとれるよう考えていきたいです。





~緊張型・好青年、R君のお母様からのお言葉~
母涙.png
こんにちは
ワークショップでは お世話になりました! 

息子の感想を読み、私達には話さない考えを知れて良かったです! 
帰って来てからの態度が以前と違います。

少し気が利くようになり、私達 親とも話をするようになり、ビックリです! 

演劇の世界は全くわかりませんが、人とコミュニケーションをはかる事は 生きていくうえで必須ですので、もし 演劇に関われなくてもとてもいい経験をさせて頂けたと思います。

 ありがとうございました






~~~歌手になるのが夢・A君~~~~


59168.jpg

体幹のレッスンで

1日目、2日目、3日目で自分の体が少しづつ変わってきていることを実感しました。

特に3日目では、体の歪みが治ったことで、地面に仰向けになった際、吸い込まれるような感覚がしました。

また、体幹クラスでは体の歪みを治すだけでなく、体幹をつけることで、その人の存在感が増すということを学びました。

 クラス前後の身体の変化

S__24297479.jpg
S__24297478.jpg



演技のレッスンで

常に0の状態であることや、与えられた時間外のことまでを考えて演技することなどを学びました。

中でも特に自分の課題であると感じたことは、自分から何かを発信することができないでことです。

演技に自信がないことで不安を感じ、勝手に自分の中でルールを決める、結果的にそれが自分の表現の幅を狭めることに繋がったり、周りを見てからではないと行動できない身体を作っていました。

 

特にこのレッスンに参加して出会った全ての人に感謝をしたいです。

皆さんの演技に対する熱量がさらに自分を熱くさせてくださりました。

3日間という短い時間でしたが本当にありがとうございました!!

59164.jpg

演技ワークショップに初参加・初演技レッスンしてみた!女子・受験生体験コメント 

2018夏・日芸や多摩美など、演劇系大学の受験対策ワークショップ

20171119_171120_0003.jpg


初参加の受験生には、演技の経験が無しの方も、今回は多くいらっしゃいました。
初日、とても不安そうでしたが、2日目、3日目とレッスンをするうちに、顔つきが変わってきます。
若いって素晴らしい~吸収力が半端ないです

不安を感じず、楽しむ姿勢で、受験を乗り切ってね~

そんな、初めて、演技ワークショップを受講した皆さんから、参加の感想もらいました。

自信の無い方は、勇気をもらって下さいねhappy01



~~~~人見知りなKRちゃん~~~~~

57772.jpg

感想を言わせて頂きます。
1日目から皆様に迷惑をかけてしまい本当に申し訳ありませんでした。そして色々助けて頂きありがとうございます。

今回のワークショップを体験して自分の考えの甘さを改めて実感することが出来ました。

大学や将来について現実逃避をしていた部分があったと思います。
そして色々な方と関われたことは私にとってとても良い経験をすることが出来ました。

本当にありがとうございました。





~~~~強さを秘めたMちゃん~~~~

めい.jpg
ありがとうございました

 この2日間、本気でたくさん悩み続け自分の人生のことについて考えられました。  
先生が言ってたように小さなことで喜べる人楽しいと思うことを全力でやること私は心から笑う、喜ぶ自分の気持ちを言葉にするということ、が苦手です。

 表舞台に立つ表現者を目指すいぜんに、日常から変えていこう!とおもいました!! 
単純ですが、その単純に見えることから、魅力的な人に存在感のある人を目指してまずは、 1個ずつ人として成長していきます!!! 

ここで挫折するのではなくここからがSTARTで、私はいつか先生に表現者としてあの子は魅力があると言ってもらえるような人に絶対になります。

 初めてのことがおおくて人生の中で忘れない2日間でした。

 長くなりすみません。 私は夢を絶対に叶えます! 
本当に本当にありがとうございました!!





 ~~~~~~~ムードメーカー元気なTちゃん~~~~~~

59169.jpg


                                                 3日間の感想です!
まず3日間ありがとうございました!


メンタル面が3日前の自分をぶん殴りたくなるほど変わりました!
まじで舐めてました!すみませんでした!


 クラス前後の身体の変化

S__24297481.jpg

S__24297480.jpg


体幹も部活で、両ひじついてお腹浮かせるやつ2分毎日やってるし、ダンスも部活で散々やってるし、大丈夫だろうと思ってたら、全然できなくてほんと衝撃を受けましたcrying

基礎のレベルがこんなに高いのかと驚きました。

なんとなく部活だけの演劇して、ちょっと褒められて、ちょっと結果残して、調子乗ってました‥。

勉強できないし、演劇がんばろ ぐらいの気持ちで、受験やその後を考えていたので、どれだけ厳しいのかを知れて良かったです。

 

全力以上を出さないと無理だし、全力以上を出しても無理かも知れないことを知れました。

今まではまぁなんとなく大学行けるだろくらいの気持ちがありましたが、真剣に考えるキッカケになりました。

AOのこともちゃんとわかっていなかったので、様々なレッスンが受けられて、どれだけ自分個人に力がないのか思い知りました。

これからはイケイケゴーゴー精神も持ちつつ、周りを見る、サポートするなどにも心がけて、挑戦していこうと思います。

ほんとに3日間ありがとうございました!

演劇のこと、大学のこと、自分のこと、いろいろなことが知れました!




~~~1日のみ参加で頑張ったRチャン~~

S__42770436.jpg

最終日の参加だけで、ついていこうとするだけでいっぱいっぱいだったのですが、体幹レッスンでは、自分の身体の硬さや歪み、体力のなさが身をもって感じれました。

それに加え、最初の15分の動きでも審査員の人見ていると先生が仰っていたのを聞いて、本当に合格への道は簡単では無いと思いました。


クラス前後の身体の変化
S__42762248.jpg

S__42762247.jpg

 演技のレッスンでは、10分前にレッスンしたことが次に活かせなかったり、簡単な先生の指示さえ守れなかったり正直とても大変でしたが、表現することの難しさを改めて感じることができました。 

先生が15秒しか演技ができない、時間の経過が作れないと仰っていて、まさにその通りだとレッスン中とても納得しました。 


また、演技をする上で心の一番深いところでは演技をするのが楽しいという気持ちを忘れてはならないと言われ、その時完全に演技を楽しむことを忘れていてハッとしました。


一番大切な事を忘れていました。 座談会では日藝の先輩方のお話も聞けて参考になりました。

両親とも話し合えましたし、座談会にも参加できてよかっです。

 ありがとうございました。



12345678

« エキストラ | メインページ | 大人演技 »

このページのトップへ