• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 2017年9月アーカイブ

IZUMIの豆知識 2017年9月アーカイブ

ストレッチポールの応用、ボール2個で、ここまで柔軟性が上がる!

ストレッチポールの他の使い方です!
誰でも簡単に試せます 背中や肩が、バリバリな皆さん・・・
いつものポールをレベルアップさせました!



50代女性、お悩みは、肩、背中の張りです
いつもストレッチポールで、ベーシックセブンをしてくれているので、今日は、そのアレンジをお伝えしました


簡単ですheart

用意するのは、ボールが2個
靴下などに入れて、2個が離れないようにしといてください

あとはポールに乗って、いつもの運動するだけです





トレーニング前のお身体

20201.jpg




トレーニング後のお体

20203.jpg

他にも、お腹を締める運動と併用しました。
個人レッスンは1時間ですが、汗だく・・・気持ちいい~とお帰りになられましたrun


ご自宅にあるものを使って、様々なアレンジ、お伝えしてます 
お気軽にご相談ください


s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

 
032198.jpg


身体を軟らかくして、ダンス上手くなりたい子供の体幹トレーニング

子供の個人トレーニング、柔軟性を上げたい、
ダンス上手くなりたい 
お芝居、ダンスが大好き
小学2年生のSちゃんは、元気な女の子


前後開脚、スピリッツと言って、床で、足を前後に伸ばす形があります。
それが出来るようにしたいという事で、今日は、その前に、身体のバランス、姿勢を直すトレーニングをしました。
すると、トレーニングの前後で、こんなに、柔軟性に差が出ました。


19982.jpg19981.jpg19983.jpg

さて、行ったトレーニングは2種類です


ハーフカットにつま先を、乗せて、ゆっかり下まで行ったり来たりします。
ハーフカットでなくれも、本を数冊重ねたりで代用できます。

次に、今度は、かかとを乗せて、同じように下まで、行ったり来たりしてください

どちらもユックリ、呼吸しながら、お腹とお尻に力を入れて、伸びているところに集中しながら行います




次に、足を広げて、遠くまで、雑巾がけします
これも、呼吸を吐きながら、ゆっくり、遠くまで、お掃除してくださいね






s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif


032198.jpg


2018年度 日本大学芸術学部演劇学科演技コース AO入試 受験生からのアドヴァイス!

日芸のAO入試、一般受験より難関なのか?

入りやすいのか?試験の内容は?? 
気になることを、受験生から聞きました! 
第二弾はEチャンが、全部教えてくれました

S__7823383.jpg


    受験対策を始めた理由

日芸は倍率が高く、やはり、演技の受験対策は安心感につながると思ったからです。
後悔はしたくないです。



    小論文

・課題→
《舞台芸術が将来どうなっているか想定し、そのために自分が演劇学科でどのように学ぶか計画を立てる。》

 題名は自分で作る。

私は、将来舞台芸術は、何かを訴えるような作品が今後広がるのではと考えました。
例えばテロを実行する人を主役にする物語など。
グローバル化が進んでいる中で、このような作品は外国の方も興味を持つと思いました。
その為には演劇学科で「どうしたら犯罪者の情緒に近づくことができるのか、どうしたらもっと演技が正当化されるのか」というのを学びたいと書きました。

    ワークショップ

・内容→
2つのイラストを見て、そこから舞台芸術を作っていく

発表はしない
発表できるよう、リハーサルもグループ内で行なってください。と言われました。

私のグループは演出家1人、制作1人、演技4人、照明1人、舞踊1人の計8人でした。
私は、演技コースなので演技しました。


    プレゼンテーション

・プレゼンテーションをやる前に、20分間プレゼンの用紙を作成する時間があり

・ワークショップで自分がグループでどのような関わり方をしたか3分でプレゼンテーションする


プレゼンテーションの時、一対一なんですけど、ずっと目を合わせて笑顔で頷きながら聞いてくれました。
どの先生も、受験生の緊張を解こうとしてくれている気がしました。

えまS.jpg

    傾向と対策


合格するには、将来のビジョンがしっかり見えてる事、、また、入学したら、そのために、こんなことを学びたいと、ハッキリ目標を持っていることは、大事です。

ワークショップは、考えた内容の発表はありません。
しかし、その時審査員の先生方、8人が、ウロウロ歩きながら、見ています。
集団の中での、立ち振る舞いなど見られています。

集団の中で、他者とどう絡んで、自分の意見も言えて、みんなで、一つの作品を作るという意識..
審査員は、その過程もチェックしてますよ。
一人で独走しちゃだめですよ


    受験生の感想

どの試験でも、先生方が、温かく、緊張しないようにして下さってると感じました。

ワークショップ形式の試験は、本当に対策をすべき、やっておいて良かったと思いました。

緊張は必ずします。
その時に、レッスンしてきたことが、思いだせて、力を出せたので、後悔はないです。
有難うございました。



37919.jpg

レッスンをお考えの方はこちら

演技クラスの詳細⇒ ココをクリック
月謝割引制度について⇒ココをクリック

赤本では教えてくれない過去問一覧⇒ココをクリック

演技実技 過去問やってみた動画一覧⇒ココをクリック


2018年度 日本大学芸術学部演劇学科企画制作コース AO入試 受験対策 合格者から内容とアドヴァイス!

日芸AO入試 合格者が合格の秘訣を語る!

22829.jpg
日芸AOで合格したS君は企画制作コースなのに、
演技コースを受講する大きな理由


    スタジオで受験対策する理由

は、日本大学藝術学部演劇学科企画制作コースに受験のためにスタジオに通って演技のレッスンを受けています。

企画制作なのに演技をやるというのは不思議に思うかもしれませんが、演技の三原則である

1よく見る 
2よく聞く
3しっかり感じる
それを上機嫌で!

は、カンパニーやお客様の気持ちを理解する為に企画制作の仕事でも活かすことが出来ると思うので、演技の受験対策を勉強しています。  


    小論文

将来の演劇公演を想像しながら、演劇学科で自分の学習計画を述べなさい。

私が書いたこと→
論文には 2020年オリンピックとその後に向けて外国人向けに演劇を作ることが増えると想像して、LGBT などのテーマをあげた演劇を提案した後、言葉の壁を越えられるにはどうしたらいいかや日本の文化をどう演劇に違和感なく融合していけるからを学びたいと書きました!


多くの受験生が、同じテーマを書いたと思いますが、私は、一貫性を貫き、エントリーシートから、小論文 、ワークショップ プレゼンテーション ..
全てLGBTなどの差別をテーマにしました!


    ワークショップ8人グループ

・絵を2枚見て、それを元に演劇作品を考え、リハーサルまでやりなさい。

発言するのが難しいひともいたそうです。

私のグループではみんな発言してましたが、演技コースの人は何かやってるようでやってない感じでした 

280.jpg
    プレゼンテーション

・ワークショップを経験して、自分がどう関わったかを具体的に説明しなさい。

私のグループでは演技が4人、演出家1人、照明1人洋舞1人、そして私が企画制作でした。

合計8人で1つの作品をつくりました。

思ったよりスペースが狭かったので、私はアイディアマンとちょっぴり演出&効果音を担当しました。

 企画制作のくせに何してるんだと思いましたが、作品が効率よく作れるように動いたら自然とこうなりました  (笑)


  AO入試で必要なのは協力することです。

自分が自分がと動いてしまったら作品は1つになりません!
ですから試験の際にはその場の空気を感じて行動するしかありません。


ワークショップの作品は楽しい系にすると目立つかも?周りのチームは比較的シリアスな作品を作ってるように見えました!


    傾向と対策

AO入試のワークショップのような試験内容は、受験生のタイプやそのグループによっても、名案がハッキリと別れた感じです。

緊張して、発言できなかった受験生
周囲に圧倒されてしまった受験生

そんな人も多くいたようです。

S君はそんなAO入試を通過して、合格しました。
彼のレポートには、きっと皆さんのヒントが沢山あると思います。

【経験の有無】そのものは気にする必要ないですが、自分が自信をもって、実力を出し切るには、やはり、ある程度の経験、受験対策は必要と思います




首元.jpg


レッスンをお考えの方はこちら

演技クラスの詳細⇒ ココをクリック
月謝割引制度について⇒ココをクリック

赤本では教えてくれない過去問一覧⇒ココをクリック

演技実技 過去問やってみた動画一覧⇒ココをクリック



1

« 2017年8月 | メインページ | 2017年10月 »

このページのトップへ