• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 子供演技・歌・ダンスの最近のブログ記事

IZUMIの豆知識 子供演技・歌・ダンスの最近のブログ記事


032198.jpg

イーゼルの子黒板.jpg

            
            3歳のチビッコから、お元気なシルバー世代まで、
              貴方に合ったクラスが見つかりますよhappy01  

        ダンス、お芝居、体幹トレーニング...どれも、継続は力ですdash
      
                    上達のコツは楽しくflair

        知りたい情報をカテゴリーから選んでくださいねs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpg

黒猫シッポ2.jpg

s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif



感情表現は、幼児期から教えるべき 喜怒哀楽を表現する事を演技レッスンで学ぶ

子供の表現力を上げるには、幼児期から 
感情を安心して出すことをレッスンすべき


S__30253061.jpg



感情豊かな子供に育てる

最近、自分の気持ちを上手に表せないお子さんが増えています。

自分の気持ちを伝えられ無いということは、相手の気持ちも理解することが難しいということです。

相手の気持ちが理解できないと、感情のコントロールも難しくなります。
それが理由で、お友達とのコミュニケーションに支障が出たり、精神的に不安定になる可能性も出てきます。

【感情】は、生きていくうえでも、大切なツールなのです。




S__30253060.jpg

レッスンンでは喜怒哀楽を共感することから

感情表現を豊かにするためには、喜怒哀楽を安心して出す環境を作ってあげることです。

ご家庭であれば、先ずは子供の感情に共感してあげることです。
例えば、一緒に喜び、一緒に悲しみ、子供の感情を否定するのではなく、先ず、話を聞いて、共感してあげてください。

子役のレッスンであれば、先ずは、喜怒哀楽を楽しんで行う事からスタートしています。

全ての感情を出すことを、安心できる環境作りが大切です。



S__30253058.jpg



子供との信頼関係がレベルを上げるコツ

子供が、のびのびと、笑い、怒り、悲しみ、泣く

その環境作りの為に大切にしていることが、レッスンでも子供たちと一緒に遊ぶ感覚です。

始めてレッスン参加するお子さんは、相当緊張しています。

先生と言う知らない大人と、本気で遊べるようになると、子供は心を開いてくれます。

人見知りで悩んでいるお子さんも、感情トレーニングで、社交的な面が育っていきます。

ゲーム感覚で行う感情トレーニングで、楽しくレッスンしていきましょう。





レッスンをお考えの方はこちら

クラスの一覧⇒ ココをクリック



脚が高く上がる魔法のトレーニング。この方法なら安定して脚が上がる ダンスの基礎トレーニング

ダンサーの為のエクササイズで脚を高く上げよう
股関節とお尻に力がはいる方法

24428.jpg

ダンスをしてるけど足が上がらない

バレエやジャズダンスなどで、よく見かける【バットマン】と言う、足を高く上げる振り付けがあります。

上げる足の太ももの裏であるハムストリングスの柔軟性が必要です。

ダンスレッスンでも、柔軟体操、ストレッチは十分に行いますね。

小学生のMちゃんは、足は十分にお上がるのですが、フラフラしてしまいます。

高く上げようとして、フラフラしたり、転びそうになったり...

そこで、ダンスエクサイズしてみました。
バットマンに悩んでるダンサーの方は、チャレンジしてみてください。

ダンサーの為の体幹トレーニングです。



トレーニング前後の変化

ダンス大好き小学生,足は上がるのですが、身体が安定しませんでした。
前に大きく、足を振り上げてもらいました。


・ トレーニング前⇒
   軸足が曲がってしまう
   腰が丸くなってしまう
   身体がフラフラしてしまう

・ トレーニング後⇒
   軸足が伸びている
   腰が真っすぐ立っている
   身体が安定した


24422.jpg
24423.jpg


やり方


1の写真
24425.jpg
① 仰向けに寝たら、軸足のかかとの下にボールを入れる

② 伸びている足にゴムバンドをかけて、両手で端を持つ

③ 両足の幅をキープするために、両足にもゴムバンドをかける

④ セット出来たらお尻を持ち上げてください


                2の写真
24426.jpg

⑤ そこから、お尻を下げないように軸足に力を入れて、
   膝を90度まで曲げていきましょう

⑥ 再度1の 写真の様に膝を伸ばします



3の写真
24424.jpg


⑦ 3の写真の様に、膝を伸ばしたまま、
  足を天井の方向に上げて行きましょう

⑧ これを繰り返していきます



注意: 
   軸足になっているお尻に力を入れましょう。
   足を上げる時にお尻が下がらないように。
   かかとでしっかりとボールを踏みましょう






Izmic Be STUDIO 体幹トレーニング動画まとめ


柔軟性向上編▶︎こちらをクリック
体幹強化編▶︎こちらをクリック
簡単ダイエットお腹編▶︎こちらをクリック
簡単ダイエットお尻編▶︎こちらをクリック
簡単ダイエット背中・二の腕編▶︎こちらをクリック
簡単ダイエット美脚・太もも編▶︎こちらをクリック



体幹トレーニング 体験レッスン2回で3000円

  体験クラスの選び方は、ご連絡いただきましたら、適正クラスをご紹介します

まずは、お気軽にご連絡ください

体験レッスン申込み



6歳までに脳の9割は作られる!演技レッスンで育脳を! 子役の【ダメダメ選手権】大人気のゲームで演技力を鍛える

強い心を育てて、オーディションに強くなろう

S__28573749.jpg

良い脳を育てる 育脳とは?

簡単に言うと、様々な刺激を与えることで、脳を育てることです。


赤ちゃんの脳の重さ→300g前後
6歳になる頃→1300g前後
大人の脳の重さ→平均して約1,450g


つまり、脳は、6歳になる頃までに、爆発的に発達し、約9割も作られるのです。

幼児期の脳は、たった1ヵ月で大人の10年分の発達を遂げるといわれているのです




子供の育脳プチャ.PNG



脳の発達にとって大切なことは、年齢で異なります。
それぞれの年齢で求められることを理解しておけば、育脳にも役立てられます


S__28573747.jpg

3歳から7歳の時期に、思考と運動を沢山することで、
大きな刺激を脳に与え、成長へとつながっていきます



3歳から7歳の子役のレッスン

知能全般の向上が期待できる時期です

会話の能力・語彙力が飛躍的にアップ
先生やお友達との交流は大きな刺激となります

スタジオに来ている子供演技クラスの生徒さんは、まさに、この時期と言えます。
6歳までの環境や経験は、人格形成にも大きな影響が出ます。


演技レッスンを通じて、良い脳を育てましょう。




S__28573750.jpg


ダメダメ選手権で強い心を育てる

怒られるのが嫌で、積極的な行動に出られない
失敗が怖くてチャレンジしない

その思考を断ち切る演技レッスンが【ダメダメ選手権】です。

・自分ダメなところ
・出来ない事
・注意されてしまう事

等を競う選手権です


ダメなところが多い人が優勝ですhappy01

【出来ないことは悪いことじゃない】と子供たちに強く、話しています。

成功体験は大事です。
しかし、怖がってチャレンジしなければ、成功もやっては来ません。

失敗を沢山する勇気を育てるのが【ダメダメ選手権】です

最初発言できなかった、子供たちが、最後には、イキイキとダメなところを発表できる様になってきました。






子供演技レッスンをお考えの方はこちら

子供クラスの一覧⇒ ココをクリック


子役の演技レッスンで育脳 身体であっちむいてホイ! 大人気のゲーム感覚のアップで集中力を鍛える

S__28573744.jpg

3~7歳 子役レッスンで集中力を上げる

この時期、知能全般の向上が期待でき余す。
手先を使った細かい動きから、ダイナミックな動きも出来る様になっていきます。

勉強もスポーツも鍛えるには、この時期に、一生涯役に立つ【正しい姿勢】を学ぶことは大事です。

とくに腰を立て、背筋を伸ばして座ることには、
*集中力がアップする
*身体のバランスが保たれる
*やる気が高まる
と言ったメリットがあります。

運動能力や空間認知能力を伸ばすために。縄跳びやキャッチボール等もお勧めです。



S__28573745.jpg


身体で【あっち向いてホイ】

先生が【あっちむいてホイ】をします。
指で刺した方と逆に顔を向けるゲームですね。

演技レッスンでは、顔を動かすだけではなく、カラダを使います。

上→ジャンプ
下→しゃがむ
右→右へジャンプ
左→左へジャンプ

こんな感じです。

また、勝敗の決め方も、指が向いた方と同じだと勝ち、指が向いた方と同じだと負け


ルールも色々変化させていきます。

【よく見る】レッスンにつながります。
【相手役をよく見る】は演技の基本です。

ゲーム感覚で演技レッスンをしてから、セリフなど稽古をすると、明らかに、子供たちの集中力が上がっているので、レッスンの質も上がっていきます。



S__28573742.jpg




レッスンをお考えの方はこちら

クラスの一覧⇒ ココをクリック


小学生 子役の演技レッスンで聞く演技を学ぶ アニーのオーディションでも

S__27910146.jpg

子供演技クラスでは、通常のレッスン以外に、
オーディションを想定したより実践的なレッスンとして【模擬オーディション】を行っています。

本物のオーディションさながらの緊張感を味わうことが出来るので、
人気の企画です。

今年の【模擬オーディション】は年少さんから小学生までが参加。

ご父兄も、子供たちも、貴重な時間を過ごすことが出来ました。



聞く演技

【模擬オーディション】の審査で行ったのが【聞く演技】でした。
セリフを覚えて、話すことに気が言ってしまう子供が多いですね。

演技とは、話すことではなく、聞くことからスタートします。

覚えたセリフを言うのでは無く、何かきっかけがあったから、話したくなりますよね。

相手のセリフを聞く演技
そこを重点的にチェックsign03


S__27910148.jpg



セリフを言う前に

セリフいう前に、相手のどのセリフを聞いたから、自分のセリフを言いたくなったのか?
キッカケの相手のセリフを探しましょう

言うことではなく、相手の言葉をしっかりと聞くこと

その時感じたことが、自分のセリフとなって、現れていきます。

セリフを覚えるのではなく、何故、言うのか?
考えましょう



S__27910149.jpg


レッスンをお考えの方はこちら

クラスの一覧⇒ ココをクリック

表現を広げることで、感情の引き出しを増やそう 小学生の子役が受けて実感できた演技レッスン


20547.jpg
オーディションでセリフを貰っても、同じ言い方になってしまう
セリフを言いながら、動くことが出来ない
紋切り型の演技をしてしまう


【ありがとう】って言ってみよう

【ありがとう】と言ってみてください
どんな気持になりましたか?
表情はどんなでしたか?

嬉しそうに、ニコニコしていませんでしたか?

悪いことではありませんよ。

でも、他の表現も出来たら、もっといいですよね?


表現を変えてみよう

次に、
大きな声で【ありがとう】
小さな声で【ありがとう】
言ってみてください。

どんな感じでしたか?


声の大きさを変えたら、感情が変わった

子供たちと実験してみると、声の大きさが変わったら、気持ちが変わったと意見が出てきました。

気持ちを先に作るのでは無く、表現を先に変えてみると、色々な、感じ方があることが分かりました。


子役の演技レッスン

オーディションでセリフを渡されると、一つの言い方しか出来なかったり、
紋切り型の芝居になってしまったり...

レッスンでは、子供たちが自分で発見できるように、演技実験をしながら学んでいます。








レッスンをお考えの方はこちら

クラスの一覧⇒ ココをクリック




子役オーディションで自然の笑顔作り対策・実力を発揮するための緊張の取り方

子役の演技個人レッスン

19901.jpg

緊張に弱い

・家では、元気でよく笑うのに、笑顔がひきつる

・稽古でなら、セリフ言えてるセリフがオーディションだと固まってしまう

・家だと涙を流して泣けるが、オディションだと涙が出ない



オーディションや写真撮影で、笑顔が引きつるのは、子供ばかりではありません。
大人演技の生徒さんも、緊張しやすく笑えない。とご相談受ける時もあります。

クラスでも、なかなか、緊張が取れない生徒さんには、個人レッスンもお勧めしています。



子供の緊張の取り方

① 子供の性格・好みなどを見極め、そこを突破口に話を始めます
② 遊びの中から、子供が自然と楽しいと感じられる瞬間を紡ぎます
③ そのまま、気持ちの流れを大切に演技レッスンに入ります


以上を通過すると、多くのお子さんが、遊びの延長で演技する感覚をつかんでくれます。

そこに行ければ、後は、チビッコの良いところは自然体で出てくることが多く、レッスンはそれを交通整理する感じで進んで行きます。


勿論、③にいくまでは、それなりに、険しい道ですが・・・




レッスン前の環境作り

子供のテンションが低い状態からスタートするとエンジンかけるまでに時間がかかる場合もあります。

様子を聞いてみると→

・ママにさっき怒られた
・寝ていて、今起きたばかり
・朝から 忙しくて、疲れていて、休まずにレッスンに来た



ですから、ご父兄には→

・早めに起こしておいていただくこと
・レッスン前に、褒めてもらえるかな等 子供のワクワクを引き出していただくこと
・怒らない事

等をお願いしたりしています。

ママとの関係や、朝からご機嫌がよかったりすると、子供は本当に、イキイキとレッスンを自分のものにしていきます。



個人レッスンで緊張を取る

テンションが低く、笑顔が苦手なK君

彼の好きなことは【かけっこ】や【身体を思いきり動かすこと】です。

その状態から、レッスンすることで、笑顔が大変自然になりました。

また、エチュードもスラスラとセリフや設定が溢れてきました。

この感覚を覚えてくれるまで、反復していったら、大変効果が出ました。

動画の最初のセリフと後のセリフを聞き比べてください。







子供演技レッスンをお考えの方はこちら

子供クラスの一覧⇒ ココをクリック



子供演技 5才セリフ~セリフがない時どうする? 聞く演技のレッスンをすると飛躍的にオーディション通過率がアップ。ママが絶対してはいけない事は!?

セリフのない時どうするの?
相手のセリフをよーく聞いてみよう!!

s-142206.jpg

よく「セリフがない時どうしたらよいかわからない」というご相談をうけます。
実は、演技は五感をフルに使って
【よく聞く】【よく見る】【しっかり感じる】が大切です。

相手をよく見て、相手のセリフをよく聞いてみましょう。

5才 セリフの練習


相手の顔をしっかり見て、セリフを言います。
次は、相手のセリフをよく聞きましょう。

どんな声で、どんな話をしているのか。
なんとなく聞いたふり、ではなくしっかりと聞きましょう。

何かを感じたら、その気持ちを大事にして、セリフを続けてみてください。



セリフの練習のご父兄NG

耳で聞かせて、セリフを暗記させる年齢のお子さんの場合
ご父兄が、感情を入れたセリフの言い回しはしない方が、良いです。

子供は、マネの天才です。

上手いも下手も...sweat01

真似てしまします。

【聞く演技】をするには、話す相手役が必要です。
ここにも、コツがあります。

不安なまま、ご父兄がセリフを言うことは、お勧めしません。




お気軽にお問い合わせください!

子供演技クラスはレベルを3つに分けています。 
体験レッスン受講後に、適正クラスのご紹介をいたします。 
お気軽に、体験なさってください
   体験レッスン申込み

子供演技クラスで子役が怒った!なんで怒るの?誰と喧嘩するの?

【怒って】と言ったら、子役が怒りだした!
その瞬発力が素晴らしい
1回の指示でどこまで、変化するのか?

18072.jpg
演技レッスンと言えば【セリフの稽古】と思いますか?
セリフの前に、気持ちがあってからの、セリフです。



ってみよう

怒る演技を小学2年生に考えてもらいました。
最初は、何を言うか、セリフに気持ちが向いていて、気持ちが盛り上がりません。

次に、彼と会話して、設定を決めていきます。

【なんで怒ってるの?】
【友達がおもちゃ、取ったから】
【返してもらえば?】
【壊しちゃったから、返せないんだって】

レッスンする前の動画
レッスン後の動画
見比べるとわかりやすいですね。

怒る設定が考えられるようになったら、よりリアリティを付けていきましょう



お気軽にお問い合わせください!

子供演技クラスはレベルを3つに分けています。 
体験レッスン受講後に、適正クラスのご紹介をいたします。
お気軽に、体験なさってください
   体験レッスン申込み


1234567891011

« 大人演技・ミュージカル | メインページ | 生活豆知識 »

このページのトップへ