• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 体幹トレーニング > お尻と股関節を同時に強くするダンサー・アスリートの為のトレーニング

IZUMIの豆知識

< お尻と股関節の強化で下半身を安定しよう アスリート・ダンサー必見  |  一覧へ戻る  |  子供の運動能力を伸ばすには、最適の時期があります.ゴールデンエイジって何? >

お尻と股関節を同時に強くするダンサー・アスリートの為のトレーニング

21-10-25-15-09-10-997_deco.jpg



ダンサーの為の股関節&お尻

 
 今回は強度高めです。 レベルダウンのバージョンもアップしましたので、徐々に強度をあげていきましょう。 
 ターゲットは ・股関節 ・お尻 で、得られる効果としては、踊っている時の安定感です。 
片足でのバランスも安定しますので、バーレッスンが苦手な方は特に効果を実感出来るのでは? 
 バットマンでもピルエットでも、安定感が増すとやりやすくなります。 
 日常的な感覚だと、立ちやすい、歩きやすい等の効果もあります。
 バランス取るのが最初は難しいですが、ゆっくり行いましょう。 


 やり方

 ハーフカット(大きめのゴムボール等) 膝と肘で挟むものを用意します。

 ①股関節を開く 
横向きなり、肘を床について身体を床から浮かします。 
上の足の膝と上の手の肘で、ハーフカットを挟みます。 挟んだ状態をキープしながら、股関節を開き、膝を天井に向けます。 そこから膝を伸ばして戻します。

VideoCapture_20211025-161817.jpg
VideoCapture_20211025-161834.jpg
 ②股関節を閉じる
 横向きなり、肘を床について身体を床から浮かします。 
上の足の膝と上の手の肘で、ハーフカットを挟みます。 
挟んだ状態をキープしながら、股関節を閉じて、膝を前方に向けます。
 そこから膝を伸ばして戻します。 

VideoCapture_20211025-161529.jpg
VideoCapture_20211025-161539.jpg
 ①と②を繰り返しましょう。 お尻を床から持ち上げ、身体が一直線になる様に体幹を締めます。

 ◆レベルダウン 
横向きになったら、下側の膝を床に付けた状態で、お尻を床から持ち上げます。 その他は、上記と同じように、股関節の開閉をしながら、足を伸ばしましょう。 

体幹トレーニング動画まとめ

ベーシックセブン編⇒こちら
柔軟性向上編⇒こちら
体幹強化編⇒こちら
簡単ダイエットお腹編⇒こちら
簡単ダイエットお尻編⇒こちら
簡単ダイエット背中・二の腕編⇒こちら
簡単ダイエット美脚・太もも編⇒こちら

関連ブログはこちら

ベーシックセブン編⇒こちら
筋力アップ編⇒こちら
腹筋編⇒こちら
股関節編⇒こちら
足・お尻編⇒こちら
背中・二の腕編⇒こちら
肩甲骨・首編⇒こちら
腰編⇒こちら
筋膜リリース編⇒こちら

カテゴリ:

< お尻と股関節の強化で下半身を安定しよう アスリート・ダンサー必見  |  一覧へ戻る  |  子供の運動能力を伸ばすには、最適の時期があります.ゴールデンエイジって何? >

同じカテゴリの記事

21-10-23-14-20-15-984_deco.jpg

2021/10/23お尻と股関節の強化で下半身を安定しよう アスリート・ダンサー必見

ダンサーの為の体幹トレーニングダンサーの為の体幹トレーニング 曲がかかったら、1つずつの筋肉に意識を向けている余裕はなくなります。胴体を通して手足が協力しあい、様々なポーズでも体幹が緩まないように適宜に閉まっていなければなりません...

詳しくはこちら


21-10-18-12-45-53-306_deco.jpg

2021/10/18ダンサーの為の股関節を強くするトレーニングで太ももを締めるモデル足になろう

股関節の強化で立位を安定させる方法 アスリート・ダンサーにとって、【ぶれない身体】は必須です。 また、時には片足のみで身体を支える場面や、他者とコンタクトするスポーツ等でも、身体を維持する強さは求められます。身体を支えるのは下半身の強さで...

詳しくはこちら


34305.jpg

2021/10/16開脚ベター 180度に開く【永久保存版】筋膜リリースとストレッチ

満を持して登場の筋膜リリース永久保存版開脚ベターは、憧れですよね。股関節周りの緊張を緩める、この筋膜リリースを、継続すると開脚ベターも夢じゃない!!開脚ベターになるためのセットトレーニング筋膜リリース5種をご紹介!やり方 ①太もも前②太もも...

詳しくはこちら


S__46408033.jpg

2021/10/13ダンサーのためのトレーニング 膝裏を伸ばして、美しい脚に!お尻と膝裏はつながってます

ダンサーの為の美尻編いくつかセットで、行ってほしい【美尻トレ】の一つです。ダンサーにとって【膝を伸ばす】は絶対です。その際の意識は、お尻お尻と膝裏は密接な関係が立ち上がったときにも、・膝を伸ばす・かかとをあげる等は、単体ではなく筋肉が繋がっ...

詳しくはこちら


< お尻と股関節の強化で下半身を安定しよう アスリート・ダンサー必見  |  一覧へ戻る  |  子供の運動能力を伸ばすには、最適の時期があります.ゴールデンエイジって何? >

 

このページのトップへ