• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 子供演技・歌・ダンス > 3~5歳 子供の演技クラスの選び方、演技レッスンのご父兄の注意点

IZUMIの豆知識

< 中高年からの演劇 今からでも芝居、ミュージカルがしてみたい!大人の演技  |  一覧へ戻る  |  右脳左脳 脳トレで「聞いて判断する」を鍛え、発想力、ヒラメキをアップさせ、演技力を付ける方法 >

3~5歳 子供の演技クラスの選び方、演技レッスンのご父兄の注意点

30844.jpg

子供演技クラスは3歳~うけることが出来ます。
しかし、3歳、4歳、5歳、...同じレッスン内容でよいのでしょうか?
小学生になる前、と一つに、くくってしまってよいのでしょうか?


30826.jpg
ご家庭により、お子さんの出来る、出来ないことは大きく違います。
個人差ががあります。
しかも、この年齢では、著しく発育発達するので、1年でも、レベルがグット違っていきます。

しかし、タレント事務所のオーディションでは、実際の年齢ではなく、見た目、大きく見えるとか、見た目より小さく見えるで、案件が来ることもしばしば・・・

なので、ついつい、ご父兄からも、年齢よりも、高いレベルを要求されてしまいます。

その年齢で、出来ること、まだ出来ないこと、成長が著しく出来てしまっている事。
本当に個人差があります。

発育発達の観点から言えば...


第一ステージ
 0~3歳児   やってあげる


第二ステージ 
 4~5歳児   一緒に動く。1人で動けるが、協調性は未発達


第三ステージ 
 5~8歳児  見本を見せる。協調性が持てる。動きをアレンジしたがる。
 創意工夫が出来る


第四ステージ
 9~12歳児  見本を見せて、重要なポイントを言葉で伝える。グループを作りたがる。 正確性が意識できる。



と言われています。
この指針から、スタジオに来ている子供たちを比べると、本当に、高いレベルを要求されてると思います。
頭が下がります...


30859.jpg

こんなに小さいころから、オーディションと言う、戦いの場所に向かう、子供たち...
スタジオでは一杯笑って、一杯運動して、一杯学んで欲しいです

IMG_2636.JPG


カテゴリ:

< 中高年からの演劇 今からでも芝居、ミュージカルがしてみたい!大人の演技  |  一覧へ戻る  |  右脳左脳 脳トレで「聞いて判断する」を鍛え、発想力、ヒラメキをアップさせ、演技力を付ける方法 >

同じカテゴリの記事

032198.jpg

イーゼルの子黒板.jpg

            
            3歳のチビッコから、お元気なシルバー世代まで、
              貴方に合ったクラスが見つかりますよhappy01  

        ダンス、お芝居、体幹トレーニング...どれも、継続は力ですdash
      
                    上達のコツは楽しくflair

        知りたい情報をカテゴリーから選んでくださいねs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpg

黒猫シッポ2.jpg


s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

032198.jpg



子供の演技レッスンを一緒に体験!ご父兄も納得のレッスン方法とは?

子供演技レッスン、演技力が付く、読み聞かせを体験した親子の感想

DSC_0735.JPG
感情表現を豊かにする方法とは?

DSC_0713.JPG
舞台で、自由に動くには?

IMG_2636.JPG





レッスンで行った読み聞かせの仕方とは?


子供は、オーディションなどで、様々なシチュエーションを要求されます。


  • 何年もあってないお母さんが迎えに来て泣く演技
  • 知らない人に、誘拐され、怖がる演技
  • お腹が痛くて泣く演技
  • お友達とケンカして、機嫌が悪い演技
  • 両親のケンカをそっと見て、心配する演技

しかし、中には、子供が感じたことのない感情を要求されたり、セリフを自分で考えると言っても、思い浮かばなかったり・・・

そこを補うために、生徒さんに推奨しているのが

本の読み聞かせ!

ただ読むのではなく、

【どんな気持ちかな?】
【何て言う?】
【何色かな?】

等、質問をしてあげながら、文章が立ち上がってくるように、誘導します。
子供の読み方も、ドンドン感情豊かに変化していきますよ

是非、親子で楽しくチャレンジしてください

IMG_3090.JPG


子供演技の個人レッスンを親子で体験、ご父兄の感想


今回、普段している読み聞かせとは全く違う経験をさせていただきました。

おとぎ話ひとつ読むことで、お互いに質問しあいながら話がどんどん広がって。
体を使って表現してみたり...。

感受性や想像力、表現力や話す力などを伸ばすのにとても効果的だと感じました。

息子は楽しくて夢中でしたが、なかなか質問が浮かんでこないので母は大苦戦。

お互いに少しづつレベルを上げて、
より良い読み聞かせの習慣を作っていきたいと思います。




s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

032198.jpg


子供演技の個人レッスン 演技力が着く読み聞かせのテクニックをご父兄に伝授

3歳児~小学生まで演技クラスでは、【1日1冊本を読む】のが課題!
演技力が着くように、情景や気持ちを追いながら読むように、ご父兄も参加でレッスン!


30216.jpg


年長のH君 親子で個人レッスン【エチュードの学び方】

最近のオーディションでは、エチュードも要求されるようになりました。

情景を言われ、それを感じながらセリフや動きを自由に演じなければなりません。

相当、演技のスキルが求められますが、年長さんや、小学生ともなれば求められてきます。

しかし、なかなか、感情を自分で考えて・・・
というのがまだまだ、難しい...

そこでご父兄に本の読み聞かせの仕方を、一緒にレッスンしていただきました。


30215.jpg


子供演技の個人レッスンの内容

時に、お母様にもご参加いただき、子供たちには、スタジオとご自宅で、多角的に、見守っていきたいと考えています。

H君のお母様、難しい...とおっしゃいながらも、H君と楽しそうに本の読み聞かせにチャレンジしてくださいました。

子供はお母さんが大好きですね。
H君も、いつになく、楽しそうで

【もう、お稽古終わっちゃうの~!?】

と名残惜しそうに帰っていきました。


オーディション内容のレベル


年齢とともに、オーディション対策は必要になっていくのかもしれませんね
勿論、個人差があると思います。

子供の演技で、お悩みがある時は、最初に、ジックリとご父兄とお話をさせていただいています。
みんなで、子供を見守っていける環境が大切と考えています。

43866.jpg
43865.jpg


実際に親子体験したお母様の感想⇒ココをクッリック


s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

032198.jpg


個人レッスンの成果を!アニー最終に残った!ご父兄が学んだこと!

アニー最終に残ったSちゃんは、どんなお稽古をしたのか?
ご父兄に必要な心構えは?
             その極意を全部、聞きました。


S__9183238.jpg

~Sちゃんのお母様の感想~

19372.jpg
19378.jpg
19377.jpg
~ご父兄のコメント~

初めいつかアニーになりたいという、本人の思いをくみ、ダメもとでだしました。
初めてのチャレンジで、しかも書類出し直前まで、出すつもりもない親でした。
書類が通るだけでもラッキーでしたが、まさか!最終に行けるとは思いませんでした。

親が頑張ってあげれるのは、日テレの玄関まで。(笑)


実際にオーディション受けて...

★ 親が居なくても会場で考えて動けること

★ 初めて会う人とお友達になれること

★ 初めて会う人の指示に従えること

★ 【自分で考えて】といういきなりの課題に、フリーズすることなく、身体を動かせること

★ 間違えても、止まらずすぐにリカバリーできること
を求められているように感じました。

しかし、これら全ては、いつもクラスや個人レッスンで、いづみ先生がやってくださってる、

エチュードや、即興台本でみんな学べていることです。

娘の感想は【楽しかった!振付間!振付間違えたりしたけど、とにかく楽しかった】でした。

子供が小さければ小さいほど、親は【即効薬】を求めますよね

我が家もそうでした。でも、子役は悲しいかな、運と身長が大半の結果を左右します。

今も大事ですが、演技が好きなら、テレビに出たいなら、未来が大事だと、イヅミックのレッスンを通じて私は学びました

事務所、教室、レッスン
変えればお仕事沢山くるかな?と悩むことも毎日です

でも、まずは目標に向かって力を蓄える気持ちがないと

どこへ行っても、結果はかわらず、転々と居場所を変える事は信用も精神的安心も失うだけだと私は感じます

一生子役をやるわけではないのですからね

以上

わたしがイヅミックで、学んだ事です。

親の変な肩の力が抜けた時から、子供は結果をだしはじめるものだと、わたしは、娘といづみ先生に教わりました


~ありがとうございました~
さて、最終オーディションまで目前です。
個人レッスンで、最後まであきらめないで、チャレンジすると決心してくれたSチャン!
一緒に頑張ろうね


このページのトップへ