月別アーカイブ

  • YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZMIC BE STUDIO ブログ

IZMIC BE STUDIO ブログ

表現の幅を広げる方法を学ぶ 考え方を学ぶことで、受験当日も役に立つ!演技実技講座

演技実技の受験対策 

2020年8月夏期講習 第3回開催

act_WS018.jpg

日芸、多摩美、玉川、桐朋、桜美林など、
憧れの大学に合格するために必要なことをまとめてレッスンする
演技実技対策の集中講座

第3回のテーマは、「表現の幅を広げる」こと。
自分の身体・声などの表現や内面をよく認識し、
変化を感じることを行ってきた前半戦でしたが、
それを踏まえ、引き出しを増やす方法や考え方を学んでいきました。

act_WS019.jpg

2020年8月15日(土)

◆自分の身体の状態を自覚する

・ベーシックセブンと体幹トレーニング

8月の集中講座の間は、
毎週自分の身体と向き合うことからスタートします。

まず役者としてフラットな状態、 
なんでも出来る身体を作るために、
姿勢を整えること、柔軟性を上げることは非常に大切なことです。

act_WS020.jpg

◆過去問 身体表現の採点基準

多摩美術大学や日芸などでも頻出の課題
「音を使ったエチュード」は、
身体に対する理解力・意欲生・独自性・・・など
身体表現の採点基準ポイントを踏まえて行いました。

音がかかると、その意味を説明したり、ストーリーを作りそう
なってしまう方もいますが、
受験では、意味やストーリーなど、頭で考えたものではなく、
身体からの発露を重要視する場合が多いです。

また、先週までは自分の身体に正直に、音に正直に表現することでしたが、
今回は、そこにさらに「相手を見ながら」を加えました。

例えば、相手との骨盤の高さを意図的に変える
相手とのリズムを意図的に変えるなどを行いました。

身体を先に動かすと、感情が後からついてきて、
どんどん表現が広がっていくことを実感出来ました。

act_WS021.jpg

◆空間を埋める

まず、自分のテリトリーを決めます。

ういろう売りのセリフを言いながら、
自分のテリトリーに誰かが入ってきたら、
場所を移動していき、複数人で立ち位置をどんどん変えていきます。

相手と一緒に空間を埋めることを考えながら、
動いていくことがポイントです。

時には、相手と同じタイミングで、同じ場所に動いて鉢合わせたり、
その時にセリフや感情に変化が出たか?

また、時には、走りながら移動したり、あえて動かない瞬間があったり、
その時に、自分の中で変化を感じることが出来たか?

など、感じることで、自分には何かを見つける、
表現の幅を広げることが出来ました。

act_WS023.jpg

2020年8月16日(日)

◆本当に身体を使うこととは

ベーシックセブンなどで、身体を整えたら、
キッズ体操などの体幹トレーニングなど、
身体を強くする運動を行ったら、
「その身体を使えるようにする」ことが次の段階です。

ペアになり、体操のカウント・リズムを言う人、
運動をする人で役割を分けます。

言う人は、運動をする人の身体を見ながら、
本当にそのリズムで良いか?相手を感じながら、
声を使ってテンポを変えたり、
アドバイスをし、見る力を養います。

運動をする人は、カウントの声を聞きつつ、
本当にそのテンポが1番身体を使えているか感じながら、
運動します。
必要であれば、自ら運動のテンポを変えることも出来ます。

そうすることで、自分の身体と話をし、
身体を使うとはどういうことなのか、身体で理解していきます。

act_WS024.jpg

◆リズムを作る〜ポーズまわし〜

前半2回は、個人で行うワークをたくさん行ってきましたが、
後半からは、「人と関わること」も行いました。

みんなでリズムを作り、ポーズや声を真似していく、
「ポーズまわし」を行いました。

みんなで作る、誰かの真似をすることで、
自分の引き出しにはない表現を、相手からもらうことができます。
また、リズムをつくると、自分にないスピードも取り入れることができます

つまり、リズムを作ることで、
早すぎる・遅すぎるなど知らず知らずのうちに、
クセになっているリズムから脱却することが出来ます。

act_WS022.jpg

◆表現の幅を広げる〜目線を変える〜

ペアになり、一人はういろう売りを言います。
もう一人は、相手の目線の位置を指示します。

例えば、目線が下がると低い声になったり、
速く指が動くとセリフが速くなったり、、、
目線が変わり、自分の声の大きさや高低・声色が変わると、 
自然と感情も変わったようです。

相手の指示は、あ、こういう感情でも言えるのか、としっくりくることもあれば、
あれ?これはイマイチだ、としっくりこないものもありましたが、
自分の考えていたことと全然違う表現・違う感情が出てきた
という感想が多く出てきました。

act_WS025.jpg

◆表現の幅を広げる〜句読点を変える〜

野田秀樹さんの作品の一節を表現しました。

最初は、全員が、言葉通りの意味、
書いてある通りの句読点の場所区切り、セリフを言いました。

それでは、全員同じ・代わり映えのしないお芝居です。
受験では、頭一つ抜けることが出来ません。

そこで、句読点を無視して、ずーっと一気にセリフを言いました。
そうすると、句読点を無視するところ、
句読点・間をしっかり取りたいと感じるところなどが、はっきりしていきました。

目線の時と同様に、自分のプランではないもの、 
新しいものが出てきて、自分の引き出しが広がったことを、
受験生全員が実感することが出来ました。

act_WS027.jpg

表現の幅を広げるには、
自分でチャレンジしたことがない未知の領域にいかないと、
新しい発見はありません。

ですが、未知の領域を自分で切り開くには限界があります。
だからこそ、相手がやってないことをやったり、
相手に思いっきり同調してみたり、
相手をよく見て、良い意味で利用することで
引き出しは増えていきますね。

この考え方が身につけば、
例えば受験会場でも、集団で行う試験の時は特に、
相手と違うことをやるアンテナが働くようになるでしょう。


第三回の様子はこちらから▼

ワークショップに参加した生徒の感想

2020/8/1,8/2 開催 第1回ワークショッップの様子

2020/8/8,8/9 開催 第2回ワークショッップの様子

S__14090253.jpg
▲クリックするとサイトに飛びます

日芸/多摩美/玉川/桐朋など..演劇系大学 合格者インタビュー 受験生が聞きたいことを聞いてみた

どんな人が受かってる?

今やるべきことは何?

憧れの大学に現役合格した先輩に聞いてみた!

S__17719303.jpg

演劇系大学や芸術学部の受験が、
文学部や経済学部などと1番違うところは、
とにかく情報が少ないところsweat01

学校にも、演劇系の受験の仕方、
傾向と対策に詳しい方が少なく、「どうしたらいいかわからない」
という話を受験生たちから聞きます。

受験生の情報源は、
インターネット・オープンキャンパスなどがありますが、
なにより実際に受験をし、合格をした先輩から、 
リアルな情報を聞けるのが1番参考になりますよね!

S__17719305.jpg

イヅミックは、毎年日芸・多摩美・玉川・桐朋など、
演劇系の大学に進んだ先輩たちがいます。

そして、中には、大学合格後ももっと勉強したい!と
レッスンを続けている先輩もいるので、
先輩から直接大学の話を聞いたり、一緒にレッスンをすることができますよ。

イヅミックでレッスンを積み、現役合格した先輩が、 
受験生からの質問に答えてくれました! 

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪



2018年 演技実技受験対策 夏のワークショップ座談会の様子▼

◆受験生に聞いた過去の試験問題一覧は⇒こちら

◆演技実技 過去問題やってみた動画一覧はこちら

受験対策の演技レッスン

日芸・多摩美・玉川・桐朋・桜美林・尚美...

近年演劇系大学の進学希望者が増え、レッスン内容も、各大学の過去問題をやったり、演技未経験者でも理解できる、演技の基礎をゲーム感覚で行っています。

◆演技クラス(スタジオ)
火曜日 19:40~20:40 
日曜日 18:00~21:00

◆演技クラス(オンライン)
金曜日 20:00〜21:00

※演技個人レッスン(オンライン) 曜日時間応相談

◆身体表現クラス
体幹クラス、またはダンスクラスの受講をお勧めします。
日曜日の演技クラス内でも、身体表現は行います。

月謝割引制度について
受験生の方限定 月謝割引制度で、お得に複数のレッスンを受講出来ます

S__14090253.jpg
▲クリックするとサイトに飛びます


【もう歳だから、何かを諦めようとしている人へ】表現することを続けよう!!<大人の趣味/大人の表現>

【もう歳だから、何かを諦めようとしている人へ】
という山田ズーニーさん(山田ズーニーWikipedia)のコラムに、出会った。

s250-aozora.jpg

「年をとって、人に迷惑かけたくないから長年やっていたパッチワークやめる」という86歳の自分の母親とのエピソード

コラムの最後の結び

~おかんにも、未来の私にも、そして、 もう歳だから何かを諦めようとしている人にも、
枯れていく今だからこそ表現できる、 今しか表せない想いをカタチにして、
表現の花を咲かせてほしい。

...という言葉が、心に温かく響く。。shine

中高年世代の方の未来の自分に
シニア世代の皆様に
ぜひ、読んでいただきたいコラムです。

今だからこそ「今しか表せない表現の花を咲かせよう!!」

s-125882.jpg


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もう年だから 何かをあきらめようとしている人へ 

86歳のおかんが、 何十年と続けてきたパッチワーク教室に通うのを 辞めると言うから止めた。
私はなんかもう必死になってた。
泣きそうだった。

電話越しだけど、 ものを書く自分の内面までさらけ出して、 全力で止めた。
「やめたくないけど、やめたい。」
母の胸中には、 平凡だけど切ない理由が「2つ」あった。

~略~

「わたしだって、やめとうない。 やめとうないけど、やめたいんよ。」
本当は辞めたくない。

ついに本当のことを言った、と私は思った。 きっとこの心根を感じ取っていたからこそ、 私は必死になって母を止めていたんだ。
いちばん何を恐れて辞めたいのか、母にたずねると、

1つには、
「迷惑をかけたくない。」

もう1つは、
「想うものがつくれない。」

~略~

私は、20年ネットにコラムを書き続けてきた想いを、 恥も外聞もなく、母にさらけ出した。 「つまらなくなった」と読者に言われた日のことも話した。 泣きそうだった。

最終的に私の口を突いて出てきたのは、
「それでも私はやめん。死ぬまで書く!」
「老いて、衰えた自分にしか書けないことがある!」

「パッチワークはおかあちゃんの自己表現なんじゃ。 いくつになっても想いは沸いてくる。 うまくカタチにできてもできんでも、 想いを表そうとすること自体が人は楽しいんじゃ。 人は、想いを表わさずにはおられんのんじゃ。」

母は最終的に、続けると言った。

満開の桜のように、 若いときには、たくさんの花を、 枝もたわわに一気に咲かせることができる。 それは多くの人の目を奪い、魅了する。

だけど、老い衰えた老木が、 まわりの人はもう枯れたのかと見向きもしない 忘れたころに、 ひっそり、ぽつん、とひとつ、花を咲かせたら、

それは若い木にない味わいがあり、感動がある。
未来の自分が書く、そんな文章を読んでみたい。
老木にぽつんとひとつ咲かす花。

おかんにも、未来の私にも、そして、 もう歳だから何かを諦めようとしている人にも、

枯れていく今だからこそ表現できる、 今しか表せない想いをカタチにして、
表現の花を咲かせてほしい。

山田ズーニー

全文はこちら ほぼ日経イトイ新聞より~

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日々の楽しみの時間・日々の表現の時間
何か理由をつけて、諦めていませんか?

【ずっとやってみたかったこと】【ずっとやっていたこと】
諦めないで、やってみましょう・つづけましょうnote

s-125884.jpg

s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg
《中高年にお勧めクラスの詳細》⇒こちらから
s-かわいい星.jpgs-かわいい星a.jpg


多摩美 演劇舞踊コースの実技試験 やってみた!想像以上に難しかった★脱力・体の軸の感じ方

スタッフの智美です。
スタジオでは、演劇系大学の受験対策 夏季集中講座を行っています。

リアル受験生と一緒に、タレントを目指す学生さんなども参加していますsign03
私も、参加させていただきました。

今回は多摩美術大学演劇舞踊コースの過去問題もやってみましたflair

s-74108.jpg


多摩美 2019年度 過去問題

・上半身脱力で歩く~ジョギング~ダッシュ
・音に合わせて、自由表現
・約30~40分程度
・動きながら、指示を聞く

※こちらの過去問のポイントなど...
詳細は→こちらから



動画では何度も見ていましたが、実際にやったのは初めてでした。
見るのと、やるのは大違いsweat01

腕ををぶらぶらしながら、身体を脱力しながら歩いたり走ったり。
実は、そんなに難しいとは思っていませんでした
想像以上に、体がすごく不安定になりましたdanger


腕ぶらぶら歩き~ジョギングの感想》

上半身の力を抜こうとすると、抜いた上半身の動きにとられ、まっすぐ歩けない。
やり続けていると、体のしっかりしていなければいけない部分と、力を抜く部分が、感じられてくる。
③このしっかりと感じる部分が、体の軸だと感じる。
④脱力できてくると、足の裏に体重が落ちる
⑤足の裏に体重が落ちると、移動しやすい感じがする


ダッシュの感想》

①安定した下半身、柔らかいひざの使いかたができたほうが、スムーズに動ける。
②同時に何人か走ってくるので 【広い視野】【人の動きを肌で感じる直感力】【判断力】が必要
②周りが敵!と思うと、ダッシュできない。楽しんでやる


《全体の気づき》

①30~40分動き続けるには、かなり体力が必要
②自分の身体の変化を観察し、反応していくことが大切
③自分だけでうまくやろうとしない(危険だから)。周りの人とともに作る感覚を持つ

s-125667.jpg

私は普段、体は動かしていますが、40分動き続ける体力と、その間中すっと指示を聞いている集中力は、かなりきつかったです。

練習しなくてもできるかな?!と思っていたのは、あまかったsweat01
練習が必要です。

受験当日は、さらに初めての場所で、しらない人とやるのですから、なおさら普段の力が発揮できるように

note身体を鍛えるトレーニング
note身体を見つめて観察するトレーニング

受験生の方は、今から継続して行った方がいいですよ。
やるのと、見るのは大違いですからsign03

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、まだまだつづく演劇系大学夏季集中講座は
8月中の、毎週土日で開催しています。

演技や身体表現 未経験の学生さんは
ぜひぜひ、まずはやってみることをお勧めします


2020/8/1,8/2 開催 第1回ワークショッップの様子   

2020/8/8,8/9 開催 第2回ワークショッップの様子   

S__14090253.jpg
▲クリックするとサイトに飛びます




合格に必要なことは、基礎体力と修正力 ルーティーンの基礎レッスンで変化を感じ、過去問題で実践

演技実技の受験対策 

2020年8月夏期講習 第2回開催

act_WS016.jpg

日芸、多摩美、玉川、桐朋、桜美林など、
憧れの大学に合格するために必要なことをまとめてレッスンする
演技実技対策の集中講座

第2回のテーマは、「体力と修正力」「変化を感じる」をこと。
受験で求められるのは、ダメだしをされた後や指示をされた後の修正力
受験では、周りと違うことを瞬時に感じ、
表現の方向性を変えたりすることも必要です。

2週目は、すべてに対して違いを感じることから、
変化に対してセンシティブな感覚を養うことを学ぶ2日間でした。

act_WS017.jpg

2020年8月8日(土)

◆身体の変化を感じる

・ベーシックセブンと体幹トレーニング
先週に引き続き、身体と向き合うことからスタートしていきます。

先週と比較してどうか?
レッスン前後と比較してどう変わったか?

先週から継続している生徒は、
自分の変化をより感じやすくなりました。

act_WS013.jpg

◆入試で見られることは「体力」

日芸でも多摩美でも、最近演劇系大学の見られることは、
まず「体力」です。

舞台上を縦横無尽に駆け巡っても、息切れせずにセリフが言えるか?

舞台や映画は本番だけでなく、長期間の稽古やリハーサルなど、
表に出ていないたくさんの準備期間があります。
その間の体力と精神力を保つことが出来るか?

演技をするということは、想像以上に体力を使います。
上手いかどうかよりも、
これから4年間稽古や授業についていけるか?
これが大事です。

act_WS012.jpg

◆過去問題〜セリフ表現〜

まずは、セリフを声に出して読む。
レッスンでは、句読点を書いてある通りにそのまま読まず、
句読点や間を自分で作って読んでみます。

句読点を変えると、感情の変化が後からついてきて、 
台本から読み取れる景色も変化してきました。

当たり前の100人の受験生がいたら、
100人が行うような当たり前の演技からの脱却、
唯一無二になるには、どんどん挑戦することが必要です。

act_WS011.jpg

2020年8月9日(日)

◆よりセンシティブに身体と向き合う

・ベーシックセブンと体幹トレーニング

先週、前日と同様に、
ストレッチポールを使ったベーシックセブンからスタートしました。

レッスン前の確認時も、
より丁寧に身体に向き合えるようになってきました。

動きを活発してみるとどうか?
動きを小さくするとどうか?

繰り返し同じレッスンメニューを行うことで、 
自分の身体の状態の比較を感じやすくしていきます。

act_WS014.jpg

◆発声・イントネーションで修正力を養う

「セリフは上から言い、語尾を置く」

先週から続いた生徒が多かったので、
まずは先週のダメだしを自分の中で踏襲することが出来るか?

最初から完璧に出来る生徒はいません。
先生のセリフの言い方を聞いて、自分のクセを即座に直すことが出来るか?
これが今回のテーマ「修正力」です。

クセは、自分が思っている以上に厄介で、なかなか直しづらいものです。
だからこそ、注意深く、丁寧に取り組むことが大事です。

act_WS010.jpg

◆過去問題〜身体表現〜

多摩美術大学のwebオープンキャンパスで公開された入試解説、
過去問題を基に、身体表現の過去問題にチャレンジしました。

まずは、自分の身体に向き合うこと、
脱力が出来るかがポイントです。

最初は、歩く・走る・跳ぶ。
一度も止まらずに先生の指示を聞きながら動きます。

音がかかったら、音に合わせて、自由に身体表現をします。
最初のインスピレーションにとらわれすぎず、
音の変化を感じていくことが身体表現のポイントです。

act_WS015.jpg

◆過去問題〜エチュード〜

過去に、日芸入試で出題された、エチュードを行いました。

どうしても、話の導入が長くなり、尻すぼみになったり、
制限時間の1分以内に最後まで持っていくことができません。

ですが、実践してみることで、
自分がどこをコンパクトしたらよかったのか?
なぜ、テンポが悪くなってしまったのか?
課題を与えられた時にどう取り組めばよかったのか?

生徒一人一人が、本番との違いを実感し、
次回どう修正したら良いのかを考えることが出来ました。

模擬試験でしか出来ない、実践稽古ですね。

act_WS009.jpg

演技・表現には、答えがありません。

だからこそ、自分が変化を感じられるように、
自分や周りや台本に対しても丁寧に敏感に感じられるような状態になること。

基礎と実践を両方を行うことで、
受験生全員が自分の身体や心の変化を実感できたようです。

また、変化を感じるためには、「チャレンジが必要」ですね。
自ら変化を感じよう、何かをつかもう、学ぼうとする
「勇気」「チャレンジ精神」を大切に取り組んでいきましょう。


第二回の様子はこちらから▼

ワークショップに参加した生徒の感想

2020/8/1,8/2 開催 第1回ワークショッップの様子

S__14090253.jpg
▲クリックするとサイトに飛びます


子供が習い事を続ける秘訣は「楽しいこと」厳しくない、誉めて育てるバレエで楽しく続けよう!

バレエは厳しいイメージ??

いえいえ!そんなことありません!

kids_ballet016.jpg

バレエというと、足や手のポジションも
すごーく厳しいイメージがありませんか?

イヅミックの子供バレエクラスは、
足のポジションなどの正確さよりも、
姿勢や柔軟性、筋力やバランスなどの総合的な身体づくり
そして何より音楽に合わせて、
楽しくイキイキと体を動かすことを目的にしています。

kids_ballet_011.jpg

きっと学校には学校でしか出来ないこと、
習い事先には、習い事先でしか出来ないことがあると思います。

習い事先で、お友達の輪が広がり、世界を広がることもあるでしょう。
お子さんの可能性が広がり、才能が開花したり、
打ち込める好きなことを見つけることが出来たり。

お子さんの様々な可能性・世界を広げるために、
ご父兄も習い事先選びは、すごく慎重になると思いますし、
どうせなら長く続けられる方が良いと思われるのではないかと思います。

kids_ballet008.jpg

習い事を長く続ける秘訣は、「楽しい」と思えることだと思います。

その「楽しい」を見つけられるように、
レッスン中はお友達と教えあいっこしたり、
お友達との交流の機会を大事にしています。

そして相手や自分を誉めて育てるレッスンで、
子供たちが自信を持てるようにレッスンしています。

たとえ、出来ないことがあっても、
どうやったら出来るようになるか?
子供たちが自主性を持って、
考えて答えを出せるようにアドバイスもしています。

そうすることで、子供たちは、「自分で考えた」ことに、
さらに自信を持てるようになり、楽しさと達成感を得られると考えています。

お子さん一人一人の性格・体・年齢に応じ、
子供の能力を伸ばす、厳しさゼロのバレエクラスで、
まずは楽しくバレエを始めましょう!

kids_ballet_012.jpg

Rioheart

s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg
《子供バレエ/ダンスクラスの詳細》⇒こちらから
s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg

外出自粛の夏休み 子供たちの運動不足をお家で解消する子供体幹クラス オンラインレッスン

たたみ一畳でも,マンションでも出来る

子供体幹トレーニングで体力低下にSTOP!!

kids_taikan023.jpg

夏休み!だけど、まだ外出は不安というお子さん達
運動の機会が少なくなると、体力の低下にもつながりますね。

また、昼間にたくさん動かなくなると、
交感神経が活発に作用しづらくなります。
そうなると、夜にリラックスして眠ることが出来ず、
自律神経が乱れ、免疫力低下にもsweat01

昼間に運動をして、適度に疲労させることは、
人間にとって必要なことなのですね。

kids_taikan024.jpg

そんな運動不足がちになる子供たちが、
外出自粛の不安な中でも、お家でトレーニング出来るように、
オンラインの子供体幹トレーニングクラスを実施しています!

マンションで下の階に気を使わなければならない・・・ 
スペースがない・・・
という様々なお家事情も事前にご相談くださいね!

kids_taikan001.jpg

たたみ一畳でも出来る、
音を立てなくても出来る、 
お家にある道具を使って出来るものなど、
気軽に楽しく汗をかけるようなトレーニングを実施しています!



Rioheart

s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg
《子供体幹トレーニングクラスの詳細》⇒こちらから
s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg



ニコニコ ネット超会議2020 で踊りたい!「ハッピーシンセサイザー」「ルカルカ★ナイトフィーバー」

 #ニコニコネット超会議2020 8月10日から開催されますね。

今回の超会議での「踊ってみた!」では
みんなで一斉動画投稿して、1本の動画にしよう!
という楽しい企画が、ありますsign03


曲は全4曲

・ハッピーシンセサイザー
・ルカルカ★ナイトフィーバー
・惑星ループ
・夏恋花火

懐かしい曲が、盛りだくさん
「ルカルカ★ナイトフィーバー」は、4年前 YouTuberのマミルトンさんと、ガチで練習しました

s-mamirton1.jpg

s-mamirton2.jpg

懐かしや~heart01
その時の動画は、こちら↓↓



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さてさて、今回のネット超会議

スタジオ生も #一斉投稿 に「参加した~い。でも自分じゃダンスうまくできないよ~。」ということで
「ハッピーシンセサイザー」を、振り練習します。
 1日限りです。

↓↓
8月7日(金) 19:30~21:00 

ボカロ踊ってみた!ダンス (クラス内)


1日で、1曲全部やりますよ~。
頭と、体力がんばろーpunch

s-115611.jpg

s-115613.jpg

s-115615.jpg


振付覚えて、動画投稿 ★「ハッピーシンセサイザー」振り練習

スタジオ始めてさんは、体験レッスンで参加できますよsign03
踊ってみた!好きの皆さん 一緒に踊って投稿しましょうshine


体験レッスン申込み

s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg
《ボカロ踊ってみた!ダンスの紹介》⇒こちらから
s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg


大学合格に必要な身体表現・セリフ・面接...すべて対策する演技実技ワークショップ 演技の超超基礎から徹底レッスン

演技実技の受験対策 

2020年8月夏期講習 第1回開催

act_WS007.jpg

日芸、多摩美、玉川、桐朋、桜美林など、
憧れの大学に合格するために必要なことをまとめてレッスンする
演技実技対策の集中講座

第1回のテーマは、「クセをなくして、正しいとは何か」を学ぶこと。
役者でもダンサーでも、姿勢、声の出し方、表現の仕方など、
何にでもなれなければなりません。
つまり、役者・ダンサー・表現者として、
「フラットな状態」でいられることが重要ですね。

初回2日間は、身体と向き合い、声と向き合い、
まずは自分を知ることからスタートしました!

act_WS008.jpg

2020年8月1日(土)

◆身体と向き合う

・ベーシックセブンと体幹トレーニング
ストレッチポールを使用した運動で、
正しい姿勢を取り戻していくレッスンを行いました。

姿勢が直し、その後に体の軸をつくる体幹トレーニングで、
ふらふらしない、強い身体、美しい姿勢も作り上げていきました。

その結果、柔軟性が飛躍的アップした高校3年生のSちゃん。
可動域が広がると表現の幅も広がりますね!

act_WS001.jpg

◆声と向き合う

外郎売りを使って、語尾が届かない、文頭が消えてしまう、
声が小さい、イントネーションなど、
セリフの癖・発声の癖を徹底的に直していきます。

普段のおしゃべりと人に伝える喋り方の違いを自覚し、直していきます。
演技未経験の生徒さんは、まずは声を発することに慣れていません。
まずは声を出すことから、しっかりトレーニングしていきました。

act_WS002.jpg

◆自分と向き合う・志望校と向き合う

志望大学の面接で聞かれることや、聞かれそうなこと、
自分だったら受験生にどんなことを聞きたいと思うか。
自分で質問を考える模擬面接を行い、
受験生同士で評価しあいました。

相手の立場になって、どんな人が欲しいか、
どんなことを聞きたいかを考えることで、
より自分の考えを整理しやすくなったようです。

act_WS003.jpg

2020年8月2日(日)

◆身体と向き合う

・ベーシックセブンと体幹トレーニング
前日と同じく、ストレッチポールを使用した運動で、
正しい姿勢を取り戻し、体幹トレーニングでさらに身体を強くしていきました。

1日目よりも身体の調子がよくなった人、
変わらなかった人もいましたが、
ベーシックセブンと体幹トレーニングを通して、
細かな自分の変化に気づけたようです。

act_WS004.jpg

◆声と向き合う
・外郎売り
1日目と同じく、外郎売りを使って、
語尾が届かない、文頭が消えてしまう、
声が小さい、イントネーションなど、
セリフの癖・発声の癖を徹底的に直していきました。

・ワンワードエチュード
長いセリフを複数人でまわしていき、
一人の人が喋っているように、長文セリフを言うレッスンを行いました。

前の人を受け、次の人が言いやすいように、
丁寧に相手を感じることが目的です。
さらに自分のクセではなく、相手に届けることを実践していきました。

act_WS005.jpg

◆過去問にチャレンジ
実際の多摩美の過去問を使って、
2日間に渡ってレッスンしてきたことを総まとめ。
実践問題を行うことで、
自分の得意・苦手に向き合うことができました。

act_WS006.jpg

2日間、合計5時間のレッスンの中で、
自分と向き合い、自分を知ることで、スタートラインに立った受験生達。
沢山の発見があったようでした。

自分のクセや苦手にはじめて直面し、クセを直すには、
よっぽど丁寧に向き合う必要性も実感したという声も。

また、2日間連続のセットなので、
前日の反省を翌日に気をつけることができたり、
一歩一歩前進することも出来たようです。

第一回の様子はこちらから▼

ワークショップに参加した生徒の感想▶︎こちらから

S__14090253.jpg
▲クリックするとサイトに飛びます


演技の基本「今を生きる」日常生活と演技の違いを実感するオンライン演技レッスン

過去を振り返るより今を生きるべし!
五感に集中することで、自分のことが見えてきた!

online_003.jpg

演技オンラインレッスンがスタートして、約3ヶ月。

オンラインレッスンでは、理論的な考え方・座学も多く、
スタジオレッスンで身体をたくさん動かした時に、
理解が深くなっていることを実感する反面、
出来ないなぁ〜と感じることも多いです。

ですが、だからこそ、丁寧に人に伝えようとしたり、 
自分や、役に丁寧に向き合うことが大切だと実感しました。

act_055.jpg

【レッスンテーマ】
演技とは、台本や段取りももちろん大事なのですが、
何より大切なことは、その役の目の前にある状況を感じること。

つまり、「今を生きること」

と、レッスンで教わっているものの、
「演技」となると、やろうやろうとしてしまったり、 
緊張したりして、どうしても普段の通りにやるのは難しいsweat01

ということで、
五感一つ一つに集中して丁寧に、感じるレッスンをしました。

また、「今」の瞬間は、常にリアルタイムで切り替わるということを、実感するためのレッスンをしました。


【レッスン1:一つ一つの感覚に集中する】
・ふと目についたものについて、描写する
・聞こえてくるものを書き出す
・嗅いでいるものを描写
・触っている感触を描写する

しかし・・・
・最初に感じたことばかりにとらわれてしまう
・馴染みのあるものの感触や匂いは、 新しい発見がなくなっていた

例えば、ハンカチの匂いならば、柔軟剤の匂いで描写が止まってしまった。


【レッスン2:考えることと、感じることを同時にやる】
トランプを数字と絵札に分けながら、
数字の100から3ずつ引いて計算をする。

同時にいろいろなことを行う、マルチタスクを行うが、難しい・・・
計算だけ、トランプの仕分けだけならば、出来るが、
同時に行うのは難しいsweat01

online_004.jpg

【感想】
特に嗅ぐレッスンの時に言葉が全然出てきませんでした。
コレはこの匂いと最初の印象や強い印象だけ感じたら、
後が続かなくなってしまいました
先入観に捉われていると思いました。

対して、聞くだけの時は、先生が対象を家の外、
人の画面、別の部屋などと誘導してくれたから、切り替えが出来、
今の瞬間はリアルタイムでどんどん切り替わっていく感覚を実感しました。

マルチタスクになった時、
結果、言葉に詰まったり、手が止まったり、となかなか出来ませんでしたが、
アンテナを広げて気をつけよう、とは思えました。

意識出来る時と、出来ない時との状態の違い、
スイッチを自分の中で発見出来た気がしました。

Rioheart

s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg
《大人演技クラスの詳細》⇒こちらから

《演技オンラインクラスの詳細》⇒こちらから
s-かわいい星a.jpgs-かわいい星a.jpg

<<前のページへ12345678910

このページのトップへ