月別アーカイブ

  • YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZMIC BE STUDIO ブログ > TOHの最近のブログ記事

IZMIC BE STUDIO ブログ TOHの最近のブログ記事

2018/02/13苦手なことはね...脳がケガしてんだ!

2014-02-02 さて前回は...「記憶」について書いてみた。人が生まれてから多くの情報が目や耳、鼻や皮膚(触覚)によって脳に入ってくるよね。幼児の時はそれは「大脳皮質」をちゃーんと経由して入ってくる。要は「各部署」でチェック...

詳しくはこちら


2018/01/05「今」を「勉強」しているか?

受験生などもいるので、演技や表現に関して、昔と今では大きく変わったこともある。日本では、かつて昔には「小劇場ブーム」というのがあり小さい劇場で新鋭の小劇団が積極的に作品を発表してそれがウケた時代もあったが、2018年の「今」ではそれはなかな...

詳しくはこちら


2017/12/30子供演技~泣きのレッスン!ドラマっぽく

子供演技レッスン!子役がTVや映画の現場で求められることに、【泣くこと】は非常に多いです。現場は何十人と大人がいて子役の目に涙がこぼれるのを今か。今かと待ち構えています。「涙」を逃さないように撮影するためです。でも、大人がいっぱい見てい...

詳しくはこちら


2017/12/22全日本選手権デビューを生で見てきたー♪

一時「体幹トレーニング」に来ていた渡辺倫果ちゃんの「全日本選手権」の初出場を生で見てきたー。ジャングルブックの振付は、去年中学の大会が東京出逢ったから見た。それ以来だったけど、1年でめちゃめちゃ良くなってた。大きなケガからリハビリで立ち直っ...

詳しくはこちら


2017/12/14時代遅れにならない!が・・「≪今≫を生きる」だよねー。

11月より・・某養成講座に通っておりますー。ITに関する講座でして、「基礎知識」的な内容も多いのですが・・・その内容にビックリ!!!「インターネットの接続設定」という内容の部分もありまして、な・な・な・んと!この2017年に「ダイヤルアップ...

詳しくはこちら


2017/06/24俳優に必要な「礼儀。配慮」は「愛」ですよ♪

こんにちは。久しぶりのTOHです。いつでも、IZMICには、将来役者を目指す人が多くおります。役者=芸能界で生きることを選択する人には是非、読んでほしいことです。よく「芸能界」は「礼儀」や「マナー」「配慮」に「厳しい」と言われてますが、実は...

詳しくはこちら


2016/03/28演技でも体幹でもとどの詰まるところは!

今日の演技クラスでは【感情の解放】をしました。どこの演技ワークショップでも「スタニスラフスキーシステム」と書いてますけどあれだけでは「よーわからん」という人も多いと思いますよ?ベースはあれなのですけどもっと「わかりやすい方法」あるだろう!と...

詳しくはこちら


2016/03/12大河ドラマに出演中のOB!

今年の大河ドラマ「真田丸」に上杉家の家臣【直江兼続】の役で出ているOBしんご君。「声がとってもいい」とひそかに人気急上昇中らしい!最近Yahooの人物紹介にも出たので注目を浴びているとか。。。もうすでに「有名」になりすぎたけんちゃん!こちら...

詳しくはこちら


2016/03/10【年金ダンス】みたいなことでいいと思うのです♬

本日、中学1年生になったAちゃんが「職場訪問」に来ました。学校の授業の一環で「なりたい職業」の「会社」に色々インタビューしに来るというもので・・・「なんの授業?社会?国語?」と聞いたら「総合」と言われすでに「?」「なんでもある」から「総合」...

詳しくはこちら


2016/03/06右脳・左脳というよりも「脳の取扱説明書」かな?

ちょっと前から 「NLP」というものを勉強しています。 「NLP」とは N・・・Neuro(神経) 五感: L・・・Linguistic(言語) 言語=言葉+非言語 P・・・Programming(プログラミング) ちと難しいです...

詳しくはこちら


12345

メインページ | YURIKO »

このページのトップへ