• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > 演技の受験・オーディション対策BLOG > 受験対策の演技レッスン > 【日芸受験対策】身体表現の王道ステップをご紹介!初心者はまずこれ!

演技の受験・オーディション対策BLOG

< 失敗から学ぶ! 受験生がやりがちな【失敗あるある】まとめてみた!  |  一覧へ戻る  |  オンラインで受験対策!エチュードの作り方 日芸体験授業やってみた! >

【日芸受験対策】身体表現の王道ステップをご紹介!初心者はまずこれ!

s-249277.jpg

日芸の受験対策【身体表現】どんな練習すればいい?

ダンス未経験の方は、どこから練習したらよいかも
分かりませんよね。

過去問題では
①ダンスの振付
②音を聞いての自由表現
③体幹を見られる基本動作 など...

毎年、試験内容が多岐に渡り、対策の幅も増えています。

そこで、何の試験が来ても対策になる、自信が付く【4つのステップ】をマスターしておきましょう。
自由表現でも、体幹トレーニングでも使えますよ。

練習すべき4つのステップ

①キック
つま先をもばします。
足先ではなく、太ももからしっかり引き上げると、大胆な動きに見えます。
また、蹴りだすだけではなく、蹴った後、足を引くと
次の動きにスムーズにつながります。

②ツーステップ
ステップをしながら、しっかりと足を開いて閉じていきましょう。
手の動きが付く場合は、指の先まで神経をいきわたらせ伸ばしていきます。

③ボックス
右と左があります。
どちらも、自然に1歩目が出せるよう、何回も練習しましょう。

④パドブレ
移動もできるステップです。
後ろを向いたり、横に動いたりできます。
これをマスターすれば、自由表現などにも使えますね。

ステップに慣れてきたら、音楽をかけながら、リズムに乗りながら行いましょう。
リズム感の、トレーニングにもなります。

《ダンス未経験の受験生》
何から手をつけて良いか、迷いますね。
体力作りも大切です。
毎日少しずつ走ることなども効果的です。
出来ることから、対策していきましょう。

演技レッスンをお考えの方はこちら

演技クラスの詳細⇒こちら
月謝割引制度について⇒こちら
過去問題の試験内容一覧⇒こちら
演技レッスン動画一覧⇒こちら



カテゴリ:

< 失敗から学ぶ! 受験生がやりがちな【失敗あるある】まとめてみた!  |  一覧へ戻る  |  オンラインで受験対策!エチュードの作り方 日芸体験授業やってみた! >

同じカテゴリの記事

s-249743.jpg

2022/11/14オンラインで受験対策!エチュードの作り方 日芸体験授業やってみた!

エチュードってどうやるの? 日芸の体験授業で行われた 決められたセリフを入れたお芝居を作る。 オンラインバージョンでやってみました。 《エチュードとは?》 即興で演じることを指します。 曲を聞いて自由に作る セリフが、あって自由に作る...

詳しくはこちら


s-242359.jpg

2022/11/08失敗から学ぶ! 受験生がやりがちな【失敗あるある】まとめてみた!

日芸映画学科対策【あるある失敗例】をまとめてみた 日芸映画学科では、ほぼ毎年【発声】の試験があります。 《試験内容》 受験番号(    )番、( 氏名 )です。 出身は( 都道府県名)で、学校は( 学校名 )高校を卒業する予定です。 年...

詳しくはこちら


s-239617.jpg

2022/09/28【受験生必見】日芸映画学科 演技コース 入試問題やってみた! 仕草表現をする時のコツを伝授!

日芸映画学科【仕草】周りと差をつけるポイントはコレ! 設定と行動を指示され セリフなしで演じる映画学科の仕草の課題は 超ど定番の試験内容です また、字面から読み取れることを正確に演じるだけではなく 見ている景色、自分の感情が揺れ動く瞬間...

詳しくはこちら


s-237440.jpg

2022/09/16受験生からの疑問に答える!映画と舞台 演技の違いは何?練習動画付き

映画と舞台の違い それは【表現の違い】 舞台と映像には明確に【見せ方】の違いがあります。 舞台では、役者自らが時に客席に向かったり、劇場の広さに応じて、声や仕草の大きさをふさわしくすべきです。 映像では、カメラが寄ったりするので、取り立...

詳しくはこちら


このページのトップへ