• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > 演技の受験・オーディション対策BLOG > 子役演技クラス > 泣く演技が苦手な年長さんが大号泣した個人レッスン

演技の受験・オーディション対策BLOG

< 【日芸 演劇・演技 2019年】過去問やってみた!演技受験対策 イスを使ったエチュード  |  一覧へ戻る  |  演技受験対策 視線のふらつき対策レッスン~演技を生き生きさせよう! >

泣く演技が苦手な年長さんが大号泣した個人レッスン

S__50667602.jpg


リクエストが多い泣く演技

「えーん、えーん」と嘘泣きになる
涙が出ない
などなど、泣く演技が上手にできないというリクエストは、
子役のご父兄から最も多くいただきます。

年長さんのKくんも、同じでした。
演技レッスンに慣れて、自分で台詞を考えたり、
演じたりできるようになったものの、
「僕、泣く演技苦手なんだ」と本人も苦手意識を持っていました。

言葉に頼らない演技

語彙力が増える5〜6才になると、
「どうして僕のおもちゃとったの?それ僕が遊んでたんだよ。
返してよ!返してくれないと先生に言うよ。
本当に返して。僕が遊んでたんだよ。
それ大事なんだから。
ママがお誕生日に買ってくれて、
それで・・・・・・・・」
と、感情よりも先に頭で台詞を考えて、
シチュエーションを言葉で説明するようになるお子さんがいらっしゃいます。

Kくんも、言葉に頼りすぎてしまい、なかなか感情が出ませんでした。

言葉をたくさん喋ろうとして、感情に集中するのが苦手なお子さんは、
「動物の言葉で」など、日本語を使わないレッスンからスタートしていきます。
感情が出てきたら、
だんだん人間の言葉にしていきますが、
そこでも、しゃべりすぎないように、使う台詞は1つだけなど決めて、
なるべく感情に集中できるようにしていきます

言葉を考えるということに脳を使わず、
まずは気持ちが上がる感覚・感情を上げることに集中する感覚を養いましょう。

演技レッスンをお考えの方はこちら

子役演技クラスの詳細⇒こちら
子役演技レッスン動画一覧⇒こちら


カテゴリ:

< 【日芸 演劇・演技 2019年】過去問やってみた!演技受験対策 イスを使ったエチュード  |  一覧へ戻る  |  演技受験対策 視線のふらつき対策レッスン~演技を生き生きさせよう! >

同じカテゴリの記事

s-230298.jpg

2022/08/02【子役オーディション対策】声が出る!キョロキョロがなくなる!集中力を上げるレッスン

子役のお悩みを一気に解決する魔法の練習法 【子役の3大お悩み】 ・大きな声が出ない ・目がキョロキョロする ・集中力がない これらを一気に解決する演技レッスン 【フルーツバスケットゲーム Izmic ver.】を、演技クラスでやってみ...

詳しくはこちら


s-226718.jpg

2022/07/11子役オーディション対策】年中・年長の演技レッスン 台本暗記アップ!その練習法とは?

年中さん、年長さんの台本暗記力がアップした オーディションでは、短い時間で、台本を暗記し、演じる必要があります。 年齢の小さいお子さんは、特に 【覚えられない...】 【覚えても立ちっぱなしになる】 と苦戦する方が多いです。 ①台本...

詳しくはこちら


s-226288.jpg

2022/07/06子役モデルウォーキングレッスン~ガニ股、猫背を直す【魔法の練習法】

子役・モデルの卵たち、まっすぐ歩けてる? 歩き方チェックをしてみましょう。 お腹が出てガニ股歩きだったり、猫背だったり だらだら見えたり、ふらふらしたり、していませんか? たかが【歩く】ということが、こんなに難しいなんて〜!! 【...

詳しくはこちら


S__49725475.jpg

2022/06/29泣き方・怒り方・本の読み方・・・子役の演技力がアップするコツまとめ 徹底公開!

涙を流して泣ける、激しく感情を出して怒るなど、 子役オーディションで受かるか、受からないか、差が出るポイントです。 今回は、子供たちがつまづきやすい演技のコツを一気にご紹介します! 目次 【涙を流して泣く演技】   1.感情表現の演...

詳しくはこちら


このページのトップへ