• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > 演技の受験・オーディション対策BLOG > 子供クラス > 子供演技/人見知りでも出来る演技の感情の出し方

演技の受験・オーディション対策BLOG

< 子ども演技対策・感情の変化をセリフ表現に乗せる方法  |  一覧へ戻る  |  気付きの演技の瞬間を逃すな・言葉を使わない演技で重要な視線や呼吸の使い方 >

子供演技/人見知りでも出来る演技の感情の出し方

s680-176890_680x509.jpg


演技未経験・恥ずかしがりやさんも出来る 感情トレーニング

年齢が小さいお子さんや、シャイなお子さんは、
まずは心と体をほぐし、場所や人に慣れることからスタートしましょう。 緊張をほぐすには、体の緊張を取ることが一番です。 たくさん動いて、汗をかき、脳を活性化させます。 そして何より、子供たちが「楽しく」できることが一番大切です。 チビッコ達にとっても、おなじみのゲームをアレンジした、 ゲーム性のあるレッスンで、演技未経験のチビッコも、 楽しく自己解放出来てきます。


だるまさんゲーム やり方

だるまさんが転んだのアレンジ
①【だるまさんが】の時は、めちゃくちゃダンス
②【笑った】【泣いた】などの指示に合わせて、感情を作る。

始めは、周りの人の真似でOK。
徐々に自分でセリフや動きをチョイスして演技するよう、練習していきます。

楽しく出来るので、人見知りなお子さんも、緊張もほぐれていきます。

気持ちが解放されると、声もでて体も動き、
自分の発言もスムーズになりますね。
この楽しく行う感覚の積み重ねが、自信に繋がっていきます。


カテゴリ:

< 子ども演技対策・感情の変化をセリフ表現に乗せる方法  |  一覧へ戻る  |  気付きの演技の瞬間を逃すな・言葉を使わない演技で重要な視線や呼吸の使い方 >

同じカテゴリの記事

s-188799.jpg

2021/11/09子役オーディション対策 【初個人レッスン】で怒りのエチュードやってみた!

オーディション対策【演技の個人レッスン】に初挑戦お芝居の大好きな小学3年生です。マンツーマンということもあり、最初こそ緊張していたチビッ子も、初めてのお芝居も、最後には楽しく演じることが出来ました。難しい即興劇も、1人で考えました。手順も...

詳しくはこちら


S__46751760.jpg

2021/11/08【子供演技】一生懸命気持ちを伝える ちびっこも出来る!表現の基礎を段階的に学ぶ方法

相手に伝えるパワーを高めよう感情表現が上手くできない、気持ちが単調になってしまうそんなチビッコ達と、【相手に一生懸命伝える気持ち】を強くするゲームを行いました。泣く、怒る、笑うなど、どの感情でも、一生懸命相手に伝えるパワーは、表現の基礎です...

詳しくはこちら


S__46751769.jpg

2021/11/08【子供演技】悲しくて泣く・怒る・・・いろいろな「悲しい」の感情表現

年中さんと年長さんでかけ合い台詞・相手のお芝居を受ける・感情変化・色んな悲しいを知ろうこの3つをテーマに演技レッスンを始めて1年年中年長コンビで、かけ合いのお芝居に挑戦お互い大好きで仲良しなのに、引越しで離れ離れになってしまう2人。「行かな...

詳しくはこちら


S__46546975.jpg

2021/10/21子役演技レッスン 周りとの協調・感情表現・人と違うを楽しむ勇気を身につける

感情オーケストラお芝居は、周りとのバランスが何より大切です自分1人ではなく、仲間と協力しながら作り上げる感覚を養いましょう。【感情オーケストラ】は、オーケストラのように、それぞれ違う感情で感情の大小をコントロールしながら、アンサンブルを作る...

詳しくはこちら


S__46408032.jpg

2021/10/10子役の演技レッスン 長セリフ・感情変化のコツは、感情に色をつけること

感情の色は何色?長いセリフをもらった時、・感情が平坦になる・字面だけを追う・感情が入らないそんなことはありませんか?複数の感情がある長いセリフでは気持ちごとに色分けをして、抑揚を付けるレッスンをしています。大きく感情が動くところに、色鉛筆で...

詳しくはこちら


このページのトップへ