HOME > スクール生の声 > クラスレポート > 【声優になりたい演技受験生】自分では思い付かない【振覚えが、早くなる方法を知った!】ダンスレッスンに感謝

スクール生の声

< 【桐朋受験の高校生】「しっかり内観すること」「周りをみること」同時に行う力が足りない!!それを学んだレッスンでした  |  一覧へ戻る  |  【演劇系大学 受験生】自分が出来ることを、とにかく毎日練習 小さな積み重ねが、大きな変化になった!! >

【声優になりたい演技受験生】自分では思い付かない【振覚えが、早くなる方法を知った!】ダンスレッスンに感謝

【計画性の無さが後悔へと繋がる】

私は、自身にストレスをかけたくない、という理由で、やるべきことを後回しにしてしまいます。

エントリーシートは、四日で書けるはずがないのに、ギリギリまで、睡眠時間を削って書いていました。
それに加え、今書いているこのレポートも、締め切り三日前まで、内容を全く考えていませんでした。

そのせいで、書く内容をろくに考えられず、エントリーシートは落ち、レポートも、訂正部分が多すぎて話にならない内容になりました。

計画性の無さ、が今回のエントリーシートの失敗やレポートの失敗を引き起こし、泣くほど後悔することに繋がったのだと思います。

論理的思考を持てと、あれほどクラスで言われたのにも関わらず、行動できなかったのは、どうにかなるだろう、という甘すぎる考えを持っていたからです。

失敗して、自身の欠点に気づいて、後悔する、ということが、過去の私も現在の私も、多すぎると感じました。

そのような後悔ばかりの人生は、いつか挫折し夢を見失ってしまうと思うので、

「今苦しんでいるのは、声優になるため。苦しまずになれる職業はないから、いっぱい苦しもう」

ということを、やる気がなくなった時に心に言い聞かせ、今後、物事に取り組みたいと思います。

過去学んだこと、現在izmicで学んでいること、学校での座学は、全て自身の夢を叶えるため、夢を叶えるのは私自身だ、という心もちで、これからも、様々なことを学んでいきたいです。




【ダンス 他者の真似をやめよう】
 
今月二週目の日曜に、受験対策として、指定された振付を踊った後に、残りのカウントを自身が考えた振付で踊る、ということを行いました。
 
しかし、普段、youtubeに上がっている誰かが考えた振付を、そのままコピーして踊っていることしかやっていないので、頭だけで考えて、実際に動いて練習することができませんでした。

そこから、受験当日に焦らないためにも、誰かが考えた振付ばかりを踊らず、一日に一曲三パターンくらい、曲に合わせて振付を作り、そこからいい振付を、二つ三つピックして、受験に使おうと思います。

ただ、一つのジャンルの曲ばかりに振付をつけていると、パターンが限られてくると思うので、他のジャンルの曲も聴いて、振付をつけていこうと思います。

近年、声優の世界は、女性声優は特にアイドル化が進み、歌やダンスのスキルが重要視されていると聞きます。その将来のためにも、即興で、かっこよく踊れるようになりたいです。

 
 

【書いて覚えることも大事】

先日、演技クラスで受験対策のダンスをやった時に、ノートにカウントを書いて、どこでパドブレをやるか、どこでサイドステップを踏むか、などを書くレッスンをしました。

私は今まで、ダンスに関して、自主練でもレッスンでも、書かずに体で覚えていたため、覚えられることにも限度がありました。

そもそも、私が今まで、書いて覚えることをしてこなかった理由は、書くことが遅いから、その書いている時間が勿体ない、とにかく動こう、という考えだったからです。

書くことが遅いのも、ダンスの振付を与えられた時に、自身が分かりやすいように、詳しく書こうと思って、詳しく書くことが、たくさん書く、ということに繋がってしまっていて、たくさん書きすぎてしまっていることが原因だと思います。

ですが、今回、ダンスの振付をノートにまとめることによって、体のみで覚えるよりも明らかに、定着度が違うし、何なら月謝レポートの材料になるかもしれないと感じたので、今後、ダンスだけでなく、演技でもしっかり書いて、それと同時に書くスピードを上げていけたらなと思います。

ギャラリー


カテゴリ:

< 【桐朋受験の高校生】「しっかり内観すること」「周りをみること」同時に行う力が足りない!!それを学んだレッスンでした  |  一覧へ戻る  |  【演劇系大学 受験生】自分が出来ることを、とにかく毎日練習 小さな積み重ねが、大きな変化になった!! >

このページのトップへ