• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > 演技の受験・オーディション対策BLOG > 受験対策の演技レッスン > 演技初心者でも感情が出せる【感情トレーニングのコツ】表情豊かな役者になる

演技の受験・オーディション対策BLOG

< 表現者に大切な動きの可能性を広げるためには? 演技 をイキイキさせる方法はコレだ! 【エチュード編】  |  一覧へ戻る  |  恥ずかしさが無くなる方法伝授 受験生が【感情の解放】のチャレンジ!自分の殻を破るレッスン >

演技初心者でも感情が出せる【感情トレーニングのコツ】表情豊かな役者になる

s-234414.jpg

泣く演技・怒る演技 大人になると難しい

人前で大笑いしたり、大号泣したり、激怒したり
普段の生活ではなかなかしませんよね

子供の頃はあんなに出せていたのに・・・なんて思ったこと、ありませんか?

実際、笑いの場合
子供は1日400回笑うのに対し、大人が笑うのは1日15回という統計が出ています。
それだけ感情表現する機会が少なくなっているということです。

しかし
演技を志すのであれば、心は沢山動いた方が良いですし、感情はmaxレベルまで出せた方が良いですよね。

そこで、大事なのが
・感情を意図的に冷静にコントロールすること
・本当の自分と感情トレーニングをしている自分を切り離すこと
この2つです。

つまり、リアルな自分自身が感情を爆発させるのではなく
冷静に俯瞰の目を持ちながら【冷静に感情を爆発させる】ということです。

具体的には、呼吸や身体の動きを変化させることです。

グループワークで感情表現やってみた!

相手の目を見て、相手の呼吸や体の状態を模倣しながら行いました。
一緒にやる仲間がいると、相手の呼吸や相手の言葉に意識が向き
リアルな自分自身のことをいい意味で気にしなくなってきます。

感情が出せないというのは、全ての演技初心者の課題です。
焦らず、少しずつやっていきましょう。

演技レッスンをお考えの方はこちら

演技クラスの詳細⇒こちら
月謝割引制度について⇒こちら
過去問題の試験内容一覧⇒こちら
演技レッスン動画一覧⇒こちら



カテゴリ:

< 表現者に大切な動きの可能性を広げるためには? 演技 をイキイキさせる方法はコレだ! 【エチュード編】  |  一覧へ戻る  |  恥ずかしさが無くなる方法伝授 受験生が【感情の解放】のチャレンジ!自分の殻を破るレッスン >

同じカテゴリの記事

s-234510.jpg

2022/08/30【演技初心者必見】これであなたも棒読み解消 セリフが上手くなる練習のコツ

セリフ棒読みからの脱却! セリフが棒読みになり【セリフ下手だな~】という方 セリフの練習のコツはこれ! 【集中の輪】を使ってみてください。 「集中の輪」とは 第1の輪...一人言、モノローグ 第2の輪...1対1、2人で話す 第3の輪...

詳しくはこちら


s-234509.jpg

2022/08/30恥ずかしさが無くなる方法伝授 受験生が【感情の解放】のチャレンジ!自分の殻を破るレッスン

恥ずかしがり屋な受験生の感情が超レベルアップした なかなか感情が出せない 考えすぎて動けない 声が出せない 緊張しいな受験生達が、変わった【魔法のレッスン】をやってみました。 泣いたり怒ったり、笑ったり 心の中では何かを感じいても、恥...

詳しくはこちら


s-234410.jpg

2022/08/29表現者に大切な動きの可能性を広げるためには? 演技 をイキイキさせる方法はコレだ! 【エチュード編】

印象に残る、唯一無二の演技をする究極の方法はコレだ 2022年度の続き日芸演劇学科演技コース一般入試一期の受験者数は93名 そのうち合格者は、15名 倍率は5.9倍と超難関でした。 (日本大学芸術学部2023年度入試案内より) あなたが...

詳しくはこちら


s-234409.jpg

2022/08/29演技受験対策 日芸映画学科 しぐさ表現 練習のコツ

日芸映画学科受験対策【しぐさ】の演じ方 日芸映画学科の実技試験定番課題の【しぐさ】は 場面設定と動きの内容だけ書かれ、それを声を出さずに演じるというものです。 信号を渡ろうとする 救急車のサイレンを聞いて止まる 倒れた人に気がついて駆...

詳しくはこちら


このページのトップへ