• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > スクール生の声 > 演技 > 日芸受験生の個人レッスン 演技の奥の手を伝授 1月の日記5

スクール生の声

< 日芸受験生の個人レッスン 受験追い込み1月の日記4  |  一覧へ戻る  |  ギクッとなった腰、トレーニングしたら、足腰が軽くなって歩けるようになった 40代女性のぎっくり腰 >

考えるイラスト.gif

エチュードなどが出来るレベルになると、発想は面白いのに、そのお話を生かしきれてない人がいます
せっかく、面白い発想が出来たのに、演技するときに、そのお話を最大限に、よりよく見せることが抜けていませんか?
Kちゃんは、最近、発想力が付いてきました!
しかし、それを演じる段階になると、お話のどこがポイントなのか見えなくなります



エチュードするときには、作家・演出家・役者、その3人が頭の中で、バランスよく働くように心がけてくださいね


1月6日
~レッスン内容~
・エチュード

今日は、詩を読んでそれを芝居にするというレッスンをした。
なかなか人に気持ちを伝える演技が出来ない。 

そんな私に先生からコツの伝授!

役者の中には「表現者」としての自分の他に「戯曲家」と「演出家」がいる。
その3人が上手く合わさり、初めて人に気持ちを伝えられる芝居が出来上がる。

私の場合は、その中の演出家が抜けている。
自分の芝居に演出がなく、シーンごとの気持ちの変化を伝えることが出来なくなってしまっている。
次回からは、特に「演出家」としての自分を意識して芝居をしたいです♪


カテゴリ:

< 日芸受験生の個人レッスン 受験追い込み1月の日記4  |  一覧へ戻る  |  ギクッとなった腰、トレーニングしたら、足腰が軽くなって歩けるようになった 40代女性のぎっくり腰 >

このページのトップへ