• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート


受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩7分
東京メトロ『要町駅』徒歩3分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > スクール生徒の声 > 大人 > 身体に意識を向けたら自分の課題がわかった!サボり癖から脱出する方法とは!?

スクール生徒の声

< 【日芸受験対策】スタジオレッスン復活!仲間と一緒に継続と努力の日々!  |  一覧へ戻る  |  【離見】を意識して聞き上手に!共感のレッスンで学んだリアクションの必要性 >

身体に意識を向けたら自分の課題がわかった!サボり癖から脱出する方法とは!?

voice_20211206.jpeg

発表に向けて

私は1月10日にある発表会に、シアターを踊るダンサーとして参加することになりました!!
私はシアターダンスの経験は浅いので、1つ1つの振りをかっこよく見せられるようにするまでに時間がかかりました。
その中で、周りの皆さんと振りのタイミングを合わせたり、ペアになる振り付けで相手との距離感を合わせたりと試行錯誤しながら練習しました。
自分が踊っているダンスを動画にして撮ってみると、後から振りが確認できたり、直した方が良い振りを復習できたりしました。
その後、お家で動画を見て踊り直すことで振りを身体に定着させることができました。
また、izmicでの練習中に、私たちのレベルに合わせて、いづみ先生が振りを変えてくださったので、臨機応変に振り付けを身体に落とし込む練習にもなりました!
発表会に向けて、これからも練習を怠らず、移動の時動線や、振りごとに意識するところを思い出しながら、練習したいと思います。




身体への意識と変化

私は、以前のレポートで柔軟性が普通よりもあることから、反る動作をする時に必要以上に反りすぎてしまうことがあると書きました。
そこで、反ることについて先月に気づいたこととの、
①腰だけを使わない
②お腹に力を入れる
ということ以外で、プラスで今月改進出来たことがあります。
それは、「胸を斜め上に上げながら反る」ということです。
ずっと言われていたことですが、やっとこれらの3つを同時に意識して正しい反り方が出来るようになりました。

以上のことを改善していくことで、先月よりも腰に負担がかからなくなり、反ることが気持ちよく感じられるようになりました!



今後の課題

私は大学に入学するまでに出来るようにしたい課題が2つあります。
1つ目は、ヒンジをする時にお腹とお尻に力を入れ、背筋をまっすぐにすることです。
私はヒンジをする時に、いつもお腹の力が抜けて背中が少し丸まってしまいますが、お腹に力を入れると、背中が真っ直ぐになります。
また、お尻にも力を入れると、落ちていた腰が上に上がり膝裏から肩甲骨まで真っ直ぐな姿勢にすることが出来ました。

2つ目は、足の位置を4番や5番にしてプリエする時に、股関節を大きく開くことです。
足の位置を1番や2番にしてプリエする時は段々と股関節を開けるようになってきましたが、4番や5番でプリエをすると一気に開けなくなります。
これを出来る様にするために、股関節を開くことをキープする練習が大切だと思います。
そのため、毎日お風呂上がりに、
「カエル足のストレッチを1、2分行い、プリエをする」というルーティーンを行いたいと思います。

これら2つのことを大学の入学前までに習得して、お腹に力を入れるべき振りで自然に力を入れられたり、股関節の柔軟性を生かす魅せ方が出来るようにしてダンスを上達させたいと思います。


voice_20211207.jpeg

来年への決意

月謝制度では、毎月、自分が成長したことや気づいたことなどについてのレポートを提出していました。
また、レポート提出には期限があったりレッスンの振り替えが出来ないため、決まった曜日のレッスンに必ず行ったりと条件のある中でレッスンに参加していました。
そして、この条件があるおかげで、レッスン以外でも様々な面で先生方からご指導をいただく機会が多くありました。
私は、面倒くさい事や色々と考えなければいけない事、時間がかかる事などを後回しにしてしまうところがあります。
このようなところがあるせいで、業務連絡をすることが遅くなったり、月謝レポートの提出が遅れたりと周りの方に迷惑をかけてしまうことがありました。
一度直しても、また段々と面倒くさくなり後回しにする自分を許してしまっているせいで、同じような悪循環を何度も繰り返しているのだと思います。

悪循環を脱出

しかし、将来を見据えると、直さなければいけない部分だと思っています。
本気で意識していかないと簡単には直せません。
そして、自分に本気で意識をさせるためには決めたことを目に触れる機会を多くする事が大切だと思います。
例えば、「全ては将来のため!面倒くさいことは先にやろう!!!」といった自分を奮い立たせるような内容を文字に起こします。
そしてそれをトイレや自分の机の前などの目に触れる機会が多い場所に貼ることで、忘れずに意識し続ける事ができます。
また貼って満足するだけではなく、実際に行動に起こして良い習慣を作り独立していけるように努めていきたいと思います。

月謝レポートの成果

この毎月の月謝レポートは、何度も添削していただいたため文章を書くことが苦手な私にとってとても良い刺激となる課題でした。
苦に感じてしまうこともありましたが、これがあったおかげで「自分を見つめ直して成長できたな」と実感でき、月謝制度にしてレッスンに参加できて良かったと思っています。
という事で...来年も、引き続きレッスン頑張るぞ!!!!!

カテゴリ:

< 【日芸受験対策】スタジオレッスン復活!仲間と一緒に継続と努力の日々!  |  一覧へ戻る  |  【離見】を意識して聞き上手に!共感のレッスンで学んだリアクションの必要性 >

このページのトップへ