• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 体幹トレーニング > 小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました

IZUMIの豆知識

< 仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です  |  一覧へ戻る  |  子供演技レッスン・泣きの感情の種類をエチュードしながら増やす 3才児の感情表現 >

小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました

体幹トレーニング・ストレッチポールの正しい使い方・姿勢改善・柔軟性向上
いつもよりも、身体が軽くなり、動きやすくなった

S__22642710.jpg
体幹トレーニングのクラスでは、筋力アップの前に、しっかりと、姿勢改善を行います。
その方が、効果が上がるからです。


ストレッチポールを持ってるけど、使い方が解らない
という方も多いようです。
クラスでは、効果の出る様々な使い方もご紹介しています。



~小学生の先生をなさっている女性~

47793.jpg
47794.jpg
S__22642709.jpg

明らかに、柔軟性が上がりました。
このクラスの後に、ダンスクラスにもチャレンジ

ご本人からは、いつもよりも、身体が軽くなり、動きやすい、コメントいただきました。

クラスで行ったベーシックセブンとは

ストレッチポールに乗ったまま、行う、7つの簡単な運動です。



カテゴリ:

< 仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です  |  一覧へ戻る  |  子供演技レッスン・泣きの感情の種類をエチュードしながら増やす 3才児の感情表現 >

同じカテゴリの記事

032198.jpg

イーゼルの子黒板.jpg

            
            3歳のチビッコから、お元気なシルバー世代まで、
              貴方に合ったクラスが見つかりますよhappy01  

        ダンス、お芝居、体幹トレーニング...どれも、継続は力ですdash
      
                    上達のコツは楽しくflair

        知りたい情報をカテゴリーから選んでくださいねs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpg

黒猫シッポ2.jpg


s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

032198.jpg



股関節を一気に軟らかくして、下半身の柔軟性が上がるハーフカットを使った運動

体幹トレーニングの個人レッスン(50代女性)悩みは股関節の固さ

腰が痛くてトレーニングを始めたTちゃん。悩みは、股関節が固い、前屈が出来ないでした、足が開かない...

ハーフカットを使ったトレーニングをすると、股関節だけでは無く、身体全部が軽くなったと喜んでくれました。

股関節が固い人は多いです。
動画を見てチャレンジしてください



トレーニング前
55746.jpg55742.jpg55738.jpg
 


~トレーニング開始~     



ハーフカットに骨盤を立てて、まっすぐに座ります
足は少し広めに開いてください

55734.jpg


腰や、背中を丸めないで

55735.jpg


腰や背中を反らないように

55748.jpg

まっすぐが出来ない時は、壁際に座って、背中まっすぐを意識しましょう

55743.jpg

ポジションが取れたら、動画見ながらやってみましょう




出来ましたか?
Tちゃんは、こんなに変化が出ましたhappy01

55812.jpg
55808.jpg55809.jpg無理をしないで、少しキツイぐらいで、お腹を引っ込めて行ってください

体幹トレーニングはクラスと個人レッスンもあります
ご自身のペースに合わせて、選んでください


ポールを使ってお腹も、背中も同時にスッキリ運動 コツを追加することで、効果が上がる 背中ストレッチ

お腹が閉まる&背中が伸びるが同時に出来る、優れたトレーニング

お腹も締めたい、背中もスッキリさせたい、同時に出来ちゃう便利なトレーニングです
ストレッチポールやハーフカットに乗らないでも出来ますので、床に寝転んだついでに、やってみてください

しかも、簡単にレベルアップが出来る、コツも伝授します!

~手順~


まずは、準備の姿勢をとる

ストレッチポール、又は、ハーフカットに、乗ります
お腹を引っ込めて、腰の後ろには、手が入るぐらいの隙間を空けてください
膝は90度くらいに曲げます。
足幅は、骨盤の幅に、膝が中に入ってこないように注意しましょう

両手を天井に向けて、前へ並へ!をします。
その状態から、胃をポールに落として、肋骨も締めます。

始めるよ~

両手を、上に上げたまま、レシーブの形で組みます。
お腹が開かないように、ユックリと手を、頭の方に上げていきます。

その時に、手を 床に落とさないように、遠くに引っ張るイメージで背中を伸ばしましょう
肩に力を入れないように~

慣れて来たら、タオルを丸めたもの、ペットボトル、辞書...

等、少しずつ、重りを重くしていくと、更にトレーニング効果がアップ


コツは?

お腹が開かないように
手は背中から遠くに引っ張るイメージ





お腹も閉まって、同時に背中もスッキリとします
手の重さに負けないように、お腹に意識してチャレンジ



キャットバックとサイドルック 効果が上がる体幹トレーニングの奥の手教えます

一工夫のコツをプラス で効果が上がるsign03
キャットバック(脊柱の屈曲・伸展の分離が目的) 
サイドルック(胸椎の左右側屈の分離が目的) 

よく見かける運動ですね
しかし、やってみると...

キャットバックだと、腰が丸まらないsweat01
胸の部分が丸まらないsweat01


上手に、背中全体を丸めるの、難しくないですか?

サイドルックの時は、骨盤や腰椎で代償してないですか?

そこで、一人でも出来る、コツをお教えします。
一工夫することで、体幹への意識づけがしやすくなります。


背骨全体が軟らかく、しなやかに動かせるまで、頑張って~~





猫背が治る!肩こり解消の運動 アッパーバックエクステンション

姿勢が悪い、猫背、背中が丸い、肩こり、ぜい肉が付きやすい

それら改善の代表的な運動に【アッパーバックエクステンション】があります

その運動にコツを加えると、効果が飛躍的にあがります...それは...

ズバリ 腹筋ですsign03

本日は個人レッスン中のMちゃんのトレーニングに取り入れてみました。

ギックリ腰で歩けなくなってしまったMちゃん
個人レッスンを継続していますが、今は、ダンスレッスンが出来るぐらいまで改善されてきました。
3回目の個人レッスンで様子を聞いてみると...
以下はご本にから頂いたコメントです


 ~~Mちゃんのコメント~~3回目の個人レッスン

 ●前回のレッスンからの経緯 
今の状態は、少しですが、まだギックリ腰で痛めた部分の違和感が残り、かがむ・ひねる動作に怖さがあります。

 前回の個人レッスンからヒップリフトとレッグレイズは家で続けましたが、やり方が悪いのか下腹部に上手くアプローチできてない感じ。 
腰が丸まらず、寝た状態から腹筋だけで起き上がることもできませんでした。 


●今日の個人レッスンでやったこと 
①アッパーバックエクステンション...動画参照
 ②正しいレッグレイズおさらい 
③キャットバック 
④四つん這いになり片手片足を上げる

 ●今日のレッスンの感想 

○ロールダウンで丸まらない腰椎箇所を動かす際に痛みを感じた。
そこを腹筋を使って柔らかくするトレーニングをしたので、腰の痛みが消えた。

 ○正しいやり方でやればトレーニングは凄くキツいし汗も吹き出る。いつも甘い方に寄せていたことに気づいた。
ひとつずつやり方や姿勢を意識し、筋肉が辛い方に追い込む必要がある。 

○今まで一回もできなかった腹筋で始めて起き上がることができた。
こんな短時間で成果が出る事に本当に驚いたし、PTをやって良かったと思う。 

○個人レッスンの後ダンスレッスンも受けたが、意識しなくてもお腹が集まるのを感じた。  
腕足も動きやすく、いつも早くて動けないステップにも付いていけた。



~~個人レッスンで行った、腹筋を意識しての背中の運動~~
アッパーバックエクステンション





運動のポイント
ズバリ、腹筋です。
起きる、寝る、の繰り返しの時に、腹筋をいれたまま
肩の力は抜く

を注意しながら行ってくださいね



~Mちゃんレッスン前後比較写真~

52017.jpg
52018.jpg


< 仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です  |  一覧へ戻る  |  子供演技レッスン・泣きの感情の種類をエチュードしながら増やす 3才児の感情表現 >

 

このページのトップへ