• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 大人演技・ミュージカル > 仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です

IZUMIの豆知識

< 演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ  |  一覧へ戻る  |  小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました >

仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です

演技ワークショップを受けるのに、勇気は必要無い

【演技とは、舞台上で行うコミュケーション】
【心と身体を開いて、呼吸を聞こう】

47661.jpg
春休みに続き、GWのワークショップも、大盛況でしたhappy01


誰でも、怖い、出来ない、初めてだし、人見知りだし
ってしり込みしてしまうこと、あります。
しかし、今回は、初対面のみんなが、本当に楽しそうに、和気アイアイ~

【演技とは、舞台上で行う心と身体を使ったコミュケーション】

をテーマに行いました。

帽子や仮面を使ったワークを行い、自分の癖を見つめ、ニュートラルな状態を作る訓練をしました






以下、参加者の感想コメントです



◆涼雅君~日芸受験対策の高校3年生、九州からの参加~

47639.jpg

「演技とは心と体でコミュニケーションをとることである。」

 今回のWSで最も心に残った言葉です。これを実行しようとすると、自分の日常が顕著に出てくることが分かりました。

普段人との会話が少ない分、演技にもその悪影響が出てしまい、自分の演技の引き出しの少なさに気づかされました。
やはり、舞台でコミュニケーションをとるためには、日常でもコミュニケーションをとり、相手の反応や呼吸を感じることが重要だと思いました。


 帽子のトレーニング
では五感を使うということを学べました。
しっかり帽子の素材を感じて、人物を想像するということは新鮮でした。


仮面トレーニング
では、仮面の表情に固執して演技するのではなく、人間心理の奥底、ニュートラルな部分を考えて演技をすることを学びました。
そこで演技の難しさと自分の実力不足を確認できたので、今後演技に取り組む姿勢を考え直すいい経験になりました。

 本当にためになるWSで宮崎から来て良かったと思いました。ありがとうございました。

ダンスレッスンを受けての感想~

今回も演技のWSに加えて、ダンスレッスンも受けました。

そこで感じたことは、やはりダンスは難しいということです。頭では分かっているつもりでも、いざ音に合わせたり、新しい動きが加わったりすると体がついてこなくなるので、もっと自分の体をコントロール出来るようにする必要があると感じました

(先生方にスタジオのガラスを壊しそうと言われたので)

演劇でも、踊ることはあるので、出来るようにしたいです。

正直、出来なくてみじめな思いもしましたが、その感情も演技の糧になってるので、それも含めて【いい経験】になったと思いました。


◆にこチャン~日芸受験対策の高校1生、元気女子~

47657.jpg

今回のワークショップで改めて

 「演技とはコミュニケーション」ということの意味を理解しました。

日常の中で私は人とコミュニケーションを取れる方だと思っていたけれど、演技をしてみて思うことは人に伝えることが思ったよりとっても大変だということを思いました。 

そして将来のこと、自分は本当に何をやりたいのかを改めて考えられました。
ありがとうございました



◆岬君~音大に通う、表現力の幅を広げたく参加のまっすぐ男子~

47655.jpg

久しぶりに演技クラスに参加して、とても楽しく勉強させていただきました。
特に感じたことは3つあります。  


★コミュニケーション 

まずは仲間を信頼し、積極的にコミュニケーションをとることが大切だと感じました。集中するとか、視野を広くとるとか、他にも大切なことはあるけれど、とにかく動いてみようとする勇気が必要だと思いました。

 ★ニュートラルになること 

普段の自分を、一瞬で役のキャラクターに変化させるのは難しいことです。
しかし、感情をニュートラルにし、役のキャラクターをイメージし、その動きを取り入れていくことで、自然と演技へ繋がります。そのことを、仮面レッスンから学びました。  

★日常にアンテナを張ること 

日常生活はついつい自分が興味のあることだけをしがちですが、表現の引き出しを増やすためにも、様々なことに興味をもって過ごそうと思いました。
例えば自分なら、韓国語、将棋、ロボットダンスなど。知らない世界を知ろうとすれば、演技の幅は広がり、日常生活も豊かでより楽しいものになるのではないかと感じました

◆りお~演技・ダンス・体幹の全クラスで勉強中の努力女子~

47658.jpg

・芝居は正解がない=何でも成立する 
・捨てる勇気を持つことで引き出しが増える 
・芝居はコミュニケーション 

周りを感じて瞬時に行動することを身につける 仮面のレッスンをすることで、 不調和で始めた表情や動きが段々調和になってきました。 

何でも成立する、芝居に正解はないことを改めて実感しました。 ダンスでも同じですが、出来るところでやらないで自分で自分を奮い立たせて限界を超えないとその先がありません。

 いろんなことを試していくことでしか引き出しは増えないし、 試すためには逸脱する勇気が必要だと思いました。
 私は、変に保守的になったり小慣れてしまったところが悪いところだなーと、見つめ直すきっかけになりました。 

今までの自分を捨てる勇気がこれからの私にとって必要なことだと思いました! 

本日はありがとうございました

カテゴリ:

< 演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ  |  一覧へ戻る  |  小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました >

同じカテゴリの記事

032198.jpg

イーゼルの子黒板.jpg

            
            3歳のチビッコから、お元気なシルバー世代まで、
              貴方に合ったクラスが見つかりますよhappy01  

        ダンス、お芝居、体幹トレーニング...どれも、継続は力ですdash
      
                    上達のコツは楽しくflair

        知りたい情報をカテゴリーから選んでくださいねs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpg

黒猫シッポ2.jpg


s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

032198.jpg



多摩美の演技舞踏コースの受験生へ 大学側から見た欲しい人材とは?

志望大学に合格するには、どんな人材が求められているかを分析し、そこに向けて遠回りをしない受験対策が必要です。

2018年8月20日~22日 
受験対策の演技ワークショップを開催します。

では、受験対策では、何をすべきなのか?

校時代に、経験してほしいことはや、試験で求められている事、募集要項をまとめてみました。


多摩美 受験対策で合格のNちゃん
56766.jpg




 多摩美の学生募集要項では...

1 高等学校等で学習・経験しておいてほしいことは?


 「演劇舞踊コース」「劇場美術デザインコース」どちらを志望するとしても、
演劇・舞踊の公演、美術展、 音楽会、映画館に積極的に足を運んでさまざまな表現に触れ、感性を豊かにしておくことが重要です。

脚本 を読み解き、自分の考えを他者に伝える日本語の力を身につけることも必要です。

そのためには「国語」に 力を入れ、読書を心がけてください。

また演劇は集団創造の芸術ですから、高等学校等の校内外で他者とコ ミュニケーションをとりながら活動した体験や、そこで獲得した知識は、入学後も上演制作で大いに助けと なります。

クラブ活動、生徒会、ボランティア活動などには積極的に関わってください。


56060.jpg

2 推薦入学試験選抜方針は?試験で観られている事とは?

推薦入学試験では、プロフェッショナルな演劇人、ダンサーを育成する事が、教育方針であり、新しい舞台芸術を創造する意欲と個性にあふれた人を求めます。


 「演劇舞踊コース」では、将来、プロとして自立できる身体表現能力の素地があるかどうかを重視します。 



「身体表現」で見られていることは?

、身体を意識して動かせているか、音楽やリズムを体で感じて踊れるか、即興的な 表現力があるか、共演者との関係性を柔軟に作れるか、舞台を動き回っても声量が保てるかを見ます。

 
・理 解 力=身体に対する要求に対して実感を伴って理解できるか。素直に言 葉を受け取ることができるか。

 ・意 欲 性=身体に対する要求に積極的に取り組んでいけるか 

・独 創 性=身体を使っていかに意識的かつ独自的な表現ができるか 

・観 察 力=運動の持続の中で変化する身体を感じ取れるか 

・身体認識=表現以前に身体の細やかな感受性に注意を払うことができるか

 ・音楽的感=音楽のリズム、ハーモニーを全身でとらえているか


56072.jpg

「小論文」「面接」で見られていることは?
 
・自分の語彙を持っているか ・舞台芸術への理解と情熱 ・過去の表現活動歴

、演劇舞踊に対する興味と関心、舞台芸術への理解や熱意などを見ます。


56058.jpg


夏期講座は、受験生以外でも参加できます。
中学3年生~役者を目指す方
地方在住の皆さん
まずはお問い合わせください

2018・夏期講習・受験対策演技ワークショップの詳細








受験対策でやるべきことは?


さて、自分に何が足りないか?何を学ぶべきか?
イメージ出来てきましたか?
未経験者の方も、毎年多くいらっしゃいます。
そこに不安を感じることはありません。

今のあなたの、柔軟で、のびのびした感性で、思いっきり表現することを楽しんで、臨んでください。

IZMICの受験対策で、見事に合格して、学生生活をエンジョイしているNちゃんの
合格への道は、以下です。
ご参考にご一読ください


多摩美合格者が教える試験内容⇒ココをクリック


350なつき.jpg


多摩美の演技舞踏コースの受験内容とは?身体表現に必要なことは?

日芸とどこが違うの?実技試験は何があるの? 
多摩美演劇舞踏受験生の悩み

10430008768.jpg


ココをクッリク⇒2017年度の実技試験内容を合格者が語る 



 多摩美術大学演劇舞踏デザイン学科は新しいコースです。

野田秀樹さん、勅使河原三郎さん等、名前のある教授を迎え、これからやるぞ~という感じなのも否めません。


多摩美の場合は、1年、2年では、身体にまつわる様々な基礎表現に力を注いでる様です。

そして3年生になる時に、【演劇】なのか【舞踏】なのか?分かれて、さらに専門的に学ぶことになります。


日芸の場合は、1年生の時からコースに分かれていますので、舞踏にしろ演技にしろ、1年生から専門的な事が学べます。


実技試験内容について

主として、身体そのもの、身体表現、基礎体力、など、表現者たる身体なのか?が見られています。
そのうえで、発想力や、素直にその瞬間に身体と出会っているか?
呼吸は使えているか?
などのチェックもされると思っていてください。

勿論、ダンスが踊れるなど、身体表現の経験者は少し優位かもしれませんが、ダンス未経験者でも、今からでも、【走る】でもいいので、健康で健全な身体つくりはしたいものです。


受験対策の集中夏期講座 8/20~22

身体表現から演技の実技、面接など多岐にわたって行います。
過去問題を中心にレッスンしますので、当日の心がけなど、具体的にレッスンしましょう

夏期講習の詳細⇒ココをクッリク



日本大学芸術学部演劇学科 2019年度AO対策の面接の実技 夏期講習・ワークショップ

 速報AO対策の夏休みワークショップ、夏期講座 面接、身体表現の対策

             演技実技や勉強だけではダメ
面接って、どうやるの?
という質問多いです。
mensetsu_ukaru50.gif
面接本、ハウツウ本にあるような事を繰り返してもダメですsign01
美しい文章の丸暗記もダメsign03

面接官が、何を見ているか?
何を、求めているのか?

一般試験でも面接はありますが、特にAOでは、ワークショップが行われ、その経験をその場で、言葉で伝えることを課せられます。


面接は大きなポインントを占めています。


なのに面接対策の仕方が解らない受験生は多いようです。

誰もが言いそうな美辞麗句を並べたり、流ちょうに話す事は必要ありません。

貴方の期待値、思ってることを明確なイメージにして他者に伝えられるか? 
貴方らしさが、生き生きと出せているか?

AOでは、他者の良いところを引き出すような会話が出来ているか?

なども見られます。

面接官が
【この子と、ずっと話していたいな】
って思ってもらえたら、ラッキーですね。

夏休みの演技ワークショップでは面接対策を
各自のキャrタクターに併せて、稽古します

・ 人見知り
・ あがり症
・ 言葉が出てこない
・ 赤面しちゃう

個人のキャラクターを見極め、良いところを伸ばしながら、話す内容についてもアドバイスしますので、安心して受講してください

夏期講座は、
1 演技(セリフ、エチュード)
2 グループワーク
3 身体表現
4 歌唱
5 面接
を行う3日間です


受験対策の夏季講座の詳細は⇒ココをクリック 



 速報  
ワークショップにjは、去年AOで合格した、日芸1年生も参加します

22691.jpg


日芸受験・AO対策の夏季講座に現役日芸1年生もゲスト参加が決定!日芸1年生との合同レッスン!

日芸現役1年生と一緒に学べるAO対策
演技実技の夏のワークショップ
私はこれで合格した!

昨年のAO合格者が参加するワークショップです
日芸演技にどうしても合格したい方、先輩になんでも聞いちゃってください
授業の雰囲気や、どんな人が合格したのか?
聞きたいことありますよね
夏期講座では、AO対策を中心に、試験に出る課題を一つずつ行います。


【AO合格したSちゃんも参加します】

54853.jpg



特にAO対策では、コース希望に関係なく受験生がグループに分かれて行われる、ワークショップの試験は難関です。
体験し、感じることで、不安を解消していきましょう


AO合格した先輩に続け~~

54856.jpg
【Sちゃんからのコメント】
受験生の皆さん!緊張しないで、思いっきり自分を出して、声も大きく
楽しんで臨んでください
日芸で待ってますsign03



夏期講座は、受験生以外でも参加できます。
中学3年生~役者を目指す方
地方在住の皆さん
まずはお問い合わせください

合格者と一緒に学ぶ夏のワークショップの詳細ココをクッリック



< 演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ  |  一覧へ戻る  |  小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました >

 

このページのトップへ