• YOUTUBE - Izmic Be STUDIOのYOUTUBEチャンネル
  • GALLERY - レッスンの様子や雰囲気を写真でご紹介

  • EVENT - スタジオ主催の発表会や公演情報の告知とレポート

受講中の皆様へ - 休講・代講案内
Twitter Google+ Facebook

Izmic Be STUDIO スタジオデータ

Izmic Be STUDIO
(イヅミックビースタジオ)

東京都豊島区西池袋5-14-8
東海池袋ビルB1

JR『池袋駅』徒歩8分
東京メトロ『要町駅』徒歩2分

10:00~22:00 / 年中無休

HOME > IZUMIの豆知識 > 大人演技・ミュージカル > 仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です

IZUMIの豆知識

< 演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ  |  一覧へ戻る  |  小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました >

仮面・帽子等使って演技を学ぶワークショップ 次回は6月です

演技ワークショップを受けるのに、勇気は必要無い

【演技とは、舞台上で行うコミュケーション】
【心と身体を開いて、呼吸を聞こう】

47661.jpg
春休みに続き、GWのワークショップも、大盛況でしたhappy01


誰でも、怖い、出来ない、初めてだし、人見知りだし
ってしり込みしてしまうこと、あります。
しかし、今回は、初対面のみんなが、本当に楽しそうに、和気アイアイ~

【演技とは、舞台上で行う心と身体を使ったコミュケーション】

をテーマに行いました。

帽子や仮面を使ったワークを行い、自分の癖を見つめ、ニュートラルな状態を作る訓練をしました






以下、参加者の感想コメントです



◆涼雅君~日芸受験対策の高校3年生、九州からの参加~

47639.jpg

「演技とは心と体でコミュニケーションをとることである。」

 今回のWSで最も心に残った言葉です。これを実行しようとすると、自分の日常が顕著に出てくることが分かりました。

普段人との会話が少ない分、演技にもその悪影響が出てしまい、自分の演技の引き出しの少なさに気づかされました。
やはり、舞台でコミュニケーションをとるためには、日常でもコミュニケーションをとり、相手の反応や呼吸を感じることが重要だと思いました。


 帽子のトレーニング
では五感を使うということを学べました。
しっかり帽子の素材を感じて、人物を想像するということは新鮮でした。


仮面トレーニング
では、仮面の表情に固執して演技するのではなく、人間心理の奥底、ニュートラルな部分を考えて演技をすることを学びました。
そこで演技の難しさと自分の実力不足を確認できたので、今後演技に取り組む姿勢を考え直すいい経験になりました。

 本当にためになるWSで宮崎から来て良かったと思いました。ありがとうございました。

ダンスレッスンを受けての感想~

今回も演技のWSに加えて、ダンスレッスンも受けました。

そこで感じたことは、やはりダンスは難しいということです。頭では分かっているつもりでも、いざ音に合わせたり、新しい動きが加わったりすると体がついてこなくなるので、もっと自分の体をコントロール出来るようにする必要があると感じました

(先生方にスタジオのガラスを壊しそうと言われたので)

演劇でも、踊ることはあるので、出来るようにしたいです。

正直、出来なくてみじめな思いもしましたが、その感情も演技の糧になってるので、それも含めて【いい経験】になったと思いました。


◆にこチャン~日芸受験対策の高校1生、元気女子~

47657.jpg

今回のワークショップで改めて

 「演技とはコミュニケーション」ということの意味を理解しました。

日常の中で私は人とコミュニケーションを取れる方だと思っていたけれど、演技をしてみて思うことは人に伝えることが思ったよりとっても大変だということを思いました。 

そして将来のこと、自分は本当に何をやりたいのかを改めて考えられました。
ありがとうございました



◆岬君~音大に通う、表現力の幅を広げたく参加のまっすぐ男子~

47655.jpg

久しぶりに演技クラスに参加して、とても楽しく勉強させていただきました。
特に感じたことは3つあります。  


★コミュニケーション 

まずは仲間を信頼し、積極的にコミュニケーションをとることが大切だと感じました。集中するとか、視野を広くとるとか、他にも大切なことはあるけれど、とにかく動いてみようとする勇気が必要だと思いました。

 ★ニュートラルになること 

普段の自分を、一瞬で役のキャラクターに変化させるのは難しいことです。
しかし、感情をニュートラルにし、役のキャラクターをイメージし、その動きを取り入れていくことで、自然と演技へ繋がります。そのことを、仮面レッスンから学びました。  

★日常にアンテナを張ること 

日常生活はついつい自分が興味のあることだけをしがちですが、表現の引き出しを増やすためにも、様々なことに興味をもって過ごそうと思いました。
例えば自分なら、韓国語、将棋、ロボットダンスなど。知らない世界を知ろうとすれば、演技の幅は広がり、日常生活も豊かでより楽しいものになるのではないかと感じました

◆りお~演技・ダンス・体幹の全クラスで勉強中の努力女子~

47658.jpg

・芝居は正解がない=何でも成立する 
・捨てる勇気を持つことで引き出しが増える 
・芝居はコミュニケーション 

周りを感じて瞬時に行動することを身につける 仮面のレッスンをすることで、 不調和で始めた表情や動きが段々調和になってきました。 

何でも成立する、芝居に正解はないことを改めて実感しました。 ダンスでも同じですが、出来るところでやらないで自分で自分を奮い立たせて限界を超えないとその先がありません。

 いろんなことを試していくことでしか引き出しは増えないし、 試すためには逸脱する勇気が必要だと思いました。
 私は、変に保守的になったり小慣れてしまったところが悪いところだなーと、見つめ直すきっかけになりました。 

今までの自分を捨てる勇気がこれからの私にとって必要なことだと思いました! 

本日はありがとうございました

カテゴリ:

< 演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ  |  一覧へ戻る  |  小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました >

同じカテゴリの記事

032198.jpg

イーゼルの子黒板.jpg

            
            3歳のチビッコから、お元気なシルバー世代まで、
              貴方に合ったクラスが見つかりますよhappy01  

        ダンス、お芝居、体幹トレーニング...どれも、継続は力ですdash
      
                    上達のコツは楽しくflair

        知りたい情報をカテゴリーから選んでくださいねs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpgs400image.jpg

黒猫シッポ2.jpg


s10image (1).jpg 気になるクラスをクリックしてねRainbo5L.gif

032198.jpg



演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ

演技が上手い、役になり切る、演技力って?

演技が上手くなる奥の手って?
演技のレッスンは何をすべきでしょう?
小学校・中学校・高校と演劇部にいた私は、

【セリフを上手に言うこと】  【感情を出せること】


それらを、中心に、演技と向き合ってきた感じでした。

日芸に進学し、演劇学科演技コースで演技と向き合い、感じたことは

【言うのではなく、聞くこと】  【心と体を、真っ白、ニュートラルにすること】


分かったような、わからないような...?って感じですか?
少しでも、演技経験のある人なら、

自分のセリフを言おうとし過ぎて、相手の小さな、反応を見逃してる
相手のセリフが前もってわかってるから、感情や動きを用意してしまう

そんな経験ないですか?

実際の生活では、次に起こること、次に言われること...
何も、わからないので、人は、その瞬間に、反射的にリアクションしてるはずです

それが、先が読めてるので、ついつい、反射的な反応ではなく、意識的な反応になってします...

そこで、本日の演技レッスンは、身構えない、自分の真っ白な状態、ニュートラルな状態を作るレッスンで


仮面レッスンとは?

効果や目的とは?

役者の自意識、又は恐怖などから解放される

それにより、表現の幅を広げ、思い込みや固定概念から離れ、自由な発想の手助けができる

役作りを、内面ではなく、外面からアプローチする事も学ぶ、
一方で、役者の身体的な癖などへのキズキへもつながる


方法
1  様々な表情のマスクをつける
2  口の部分が開いてるので、その仮面に調和する口の形、身体の形、ポーズなどを取ってみる
3  その人が、言いそうなセリフ、その人がやりそうな癖を身体表現して動いてみる


次に

1 同じ仮面で、上記の調和が取れている状態。その稽古の逆をしてみる
つまり、その仮面に会わない不調和な、口の形、身体のポーズ、言わなそうなセリフ...等

調和と不調和

内面的な掘り下げではなくて、仮面を使って、外面的なアプローチをする際に、様々な表現方法があることも感じられるはずです

同じ仮面なのに、真逆なキャラクターが、違和感なく作れること、
生徒さんたちは、そこに発見があったようです



30837.jpg
30834.jpg
30848.jpg
30833.jpg

 


体験レッスン
毎週日曜日、18:00~21:00 3時間レッスン
初回のみ 3600円
いつでも体験できます

お気軽に、自分の気が付かなかった、自分に出会いに来てくださいね~

20171119_171120_0001.jpg


春休み日芸受験対策のワークショップ 演技・身体表現・面接~2日目

日芸・演技の受験対策春のワークショップ 2日目レポート
モモです。受験対策の春休み集中ワークショップが始まりました!
今回は、アシスタントとして、生徒としてクラスのレポートをします!
受験生の皆さんの目線で、一緒に学んでいきたいと思います。

今日は、体幹・ダンス・演技の3連チャンでした。

1 体幹クラス

DSC_0040.JPG

2日目の今日も、まず自分を体のゆがみを確認しからベーシックセブンを行いました。
ベーシックセブン前の参加者のことば
・片足で立てない
・床に寝た時につかない箇所がある
・腰が反りすぎている
他にも意見ありましたが、ベーシックセブンを行うと、ゆがみが直り姿勢がよくなりました!
鏡に映る自分の姿を見ても、クラスの始まりと終わりでは、全っ然違いましたshine


今日新たに、背骨のS字カーブの大切さについて教わりました!

s字カーブ.gif

なぜS字じゃないといけないかというと、、、
危ないから!!!
自動車の椅子で考えてみるとすごくわかりやすいです。
(例) 自動車の椅子の下の骨格みたいなものがまっすぐだと、ブレーキの度にガコンッimpactとなり、カーブの度にガコガコなり怪我してしまうかもしれません。

つまり、 しなり が大切だということです!


体幹クラスは、からだのゆがみを直し正しい姿勢にしてくれる、ダンスや演技以前に大切なことだということがわかりました!


13757.jpg

2 ダンスクラス


今日は、1日目に習ったステップを使い、歩く練習や振り付けを踊りました!
最初はおぼつかなかった足のステップも、2日間やってきてだいぶできるようになりました!

ちゃんと家で練習してきた子もいて、やはり練習あるのみだなと感じましたconfident
ただ、ステップが出来ても、進めなければなりません!
受験でも、前に進みながらステップをしたので、出来ないなと思ったら練習しましょう!


同時にリズム感も鍛えられると思います!


そして、いよいよ振り付けです!


初ダンスの人もいましたが、集中切らさず自主練も自分からやっていました!
私も時々、振り付けが難しすぎて、頭がボーっとして放心状態みたいになってしまうことがあるのですが、諦めず集中し続けることが大切だと改めて再確認しました。
それは、受験でも同じです!自分にとって難しすぎることが課題が来ても不安にならず、諦めず取り組んでいって下さいshine

振り付けは、音にドンッって当てたり、投げ捨てるような振り付けがあってとても感情をイメージしやすかったですが、そこがポイントです。


感情過多はNGpunch

感情ばっかりで本来やるべき振り付けを忘れてしまうのは良くないのでコントロールすることが大事だということがわかりました!

最終日は、3日間の集大成なので復習をしっかりして取り組んでいきたいです!

3 演技クラス


今日から始まった演技クラスsign01
主にやったことは、
・受験するにあたり必要な事は何かを考える会
・面接練習
・台詞表現
・円になってリズムゲーム
・感情トレーニング

28977.jpg

ざっくり言うと、自分のキャラクターの見つめなおすことから始まり、号泣で終わった初回となりました!(笑)


始まる時は緊張していた人も、3時間みっちりレッスンした後は、自分から発言・質問して、最後には感情を外に発信することが出来ました。


緊張していても良いことは無く、緊張は自分の一番の敵です。
その緊張がほぐれると、顔筋がゆるみ笑顔が増えます!

感情.gif初めての人の前でも、泣きの感情を出せるようになります!
ですので、この3日間で自分の緊張や心の鍵を外す自分なりの方法を探してみると、受験会場でも大いに役立ちますgood

28972.jpg 43908.jpg

43997.jpg


28969.jpg
43998.jpg

その方法の1つは、人と喋ること!私も、この方法で自分が大きく変わったし、人とのつながりを持つこともできました!
是非、試してみてくださいshine

2日目まとめ

正しい姿勢は、ダンスや演技の前に大切なこと!
緊張は、一番の敵!
せっかく、クラスを受けていても緊張していることにより効果が半減してしまうからです。

次回で体幹とダンスのクラスは最後なので、初回の私と違うところが1個でも発見できるように集中していきたいです!


20150506203559899.gif




日本大学芸術学部演劇学科 2018年度一般入試第2期 受験生が語る試験内容

日芸入試試験内容 実技・当日の雰囲気 第2期


受験生Mちゃんから見た、受験当日をレポートしてもらいました。
1期の試験内容とは、ガラッと、内容を変えて、過去にあった試験内容の傾向に戻った印象があります。

本当に、ここ数年、傾向と対策が難しい・・・

しかし、受験生のMちゃんと話していた

sign03面接の内容は見事的中しましたsign03

本人も、心の中で、ホット出来たようです。

試験内容だけではなく、開場の雰囲気、生徒たちの雰囲気もお伝えしますね。



【1日目】

1日目は、午後面接で待ち時間はずっと静かでした。

面接は、2組みに分かれて行われ、一番待ち時間が長い人でも1時間45分くらいだと思います。

私は、待ち時間では、不安だとか余計な事は考えず、素の自分を保っていられるように自分がリラックスできる事を考えることが大事と、心がけました。

面接では先生と話してたとうり、内容が的中したので【ヨッシャ】と思いました。


面接でMちゃんが聞かれたこと~見事的中♪

初めての受験ですか?
 •一期で落ちた時、どこかダメだったと思いますか?
 •とんび好きなんですね
 •日芸出身の先生は、玉置先生ですか?
 •どんな事を言われましたか? •では、明日頑張ってください 

時間は3〜4分でした。



【2日目】

9:00 集合
9:30頃  着替え
10:15頃  音感リズム感テスト
12:15頃  演技試験


音感リズム感について~

ステップ&振り付けの振り入れを15分程
試験
歌唱のテスト

今回は振り付けのテストで、曲はアップテンポの曲でした

音感リズム感は、自分がどんなだったかはわからないけれど、レッスンの成果が発揮できていることを祈ります

振り付けは結構難しめだった気がします。 
初めての人はちょっと難しかったかも...? 
あと、音をよく聞く事!!!


2エイト即興があるのですが、本番前は良い感じの振り付け出てくるかな〜と

でも、始まってしまったらそんなこと考える余裕はないので、
ちゃんとした振り付けでは無かったかもしれませんが・・

今まで意識してきた手を長くとか、止まるとか体幹を意識できた思います!

演技について~


朗読 (朗読なので、動いたりするのはNG)

練習5分間
その後中ホールにて1人ずつ朗読&エチュード
終了


朗読は・・・

現代文で書かれているけれど、内容は分かりずらかったです。
多分、【シェークスピアのタイタス・アンドロニカス】



エチュードは・・・

「お客様に演劇の素晴らしさを伝えてください」と言った感じの出題でした

私なりに、その問題が出題された時に、演技って呼吸!
って頭の中に走ったので、呼吸にまつわることを演技しました

でも、みんなちんぷんかんぷんで撃沈してました。


私がやったエチュードは・・・呼吸がポイント..


困ってる人や自信なくしてる人がいるという設定で、大丈夫だからね!

と声を掛けながら演技は呼吸することなんだよ!

と言いながら、いざその人たちと合わせてみる。
でも、息が全然合わなくて混乱してしまう。

それでも、みんなで手を繋いで徐々に息を合わせていく。

まだ合わない人がいたらその人の側に寄り添って呼吸を合わせてあげる。

整ってきたかな〜というところで時間切れでした。

演技は独りよがりでは出来ないし、協力が必要。

時には、誰かに寄り添ってあげることで呼吸を通してコミュニケーションをはかる。

みたいな感じのことを伝えたかったです。

すぐにエチュードを起こすことが出来ました。




自分でも嬉しくなるくらい落ち着いてゆっくりと課題に取り組めた!(特に演技)

演技の課題は結構難しめだったのですが、すぐ動けて迷いなく出来ました

最中のこととか、正直よく覚えてないけれど、言いたかったことは伝えられたと思います!



受験生の皆様へ~

待ち時間は、もう何でも良いので喋ろう!
でも知ってる人がいるのといないのとでは気持ちの強さが違うと思うので
皆さんもイヅミックで一緒にレッスンを頑張って
イヅミックで会場での強い味方を見つけましょうshine

Izmic World vol.20_171107_0070.jpg

以上受験リポートでした~

~~~~~Mちゃん ありがとう~~~~


Mちゃんは、高校2年生で、受験対策を始めました。
IZMICの舞台も2回出ました。

最初は、笑顔も不器用で、感情を解放することが出来ない、カラに入った感じの女の子でした。

1回目の舞台が終わった後に、【来年はリベンジする】
と決心したそうですannoy

そして、見事に2回目の舞台、高校3年生の11月に、リベンジを果たしました。

頑張り屋さんですsign03

お芝居がさらに、大好きになったと言ってくれたMちゃん
今の気持ちを忘れずに、これからも、お芝居を楽しんでください

Mちゃんを温かく見守り、一緒に受験対策のレッスンも参加してくれた、大人演技の仲間たち

本当にありがとうございましたheart04

41333.jpg


38840.jpg


大人演技クラス←ココをクリック

毎週日曜日  18:00~21:00

受験生も、一般の方も、未経験者も、学生も・・・
気の合う、元気な仲間が大集合の演技クラスです

未経験でも、お気軽に、まずは体験レッスンからお越しください



< 演技レッスン 役者にとってのニュートラルポジション、役作りのアプローチ  |  一覧へ戻る  |  小学校の教諭は背中がバリバリ...先生の姿勢改善 体が軽くなりました >

 

このページのトップへ